無免許運転幇助について教えてください。 先日、友人(20歳)が無免許の彼氏(17歳)に車を貸与しました。 彼氏はしつこく友人に車を貸してくれと言い続け、 友人は断りきれず、貸してしまいました。

無免許運転幇助について教えてください。 先日、友人(20歳)が無免許の彼氏(17歳)に車を貸与しました。 彼氏はしつこく友人に車を貸してくれと言い続け、 友人は断りきれず、貸してしまいました。 彼氏は友人にどこへ行くかを言っていたそうなんですが、 それより遠いところまで行った挙句、 よそ見をしてカブとヴィッツに追突しました。 彼氏は事故はせん、車の話は色んな人から聞いている、 無免許運転してる人は他にもおる、と言い逃ればかり。 友人は同乗しておらず、事故の状況が聞きたくても 連絡が取れず、彼氏の母親としか話ができません。 同乗していたのは元カノで、事故直後に彼氏が逃がしている。 彼氏と言っても、付き合って1ヶ月、知り合ってからは2ヶ月と経ってない。 そこで友人がどのような処罰を受ける可能性があるのか教えてください。 文章を書くのが苦手で変になっているかもしれませんがよろしくお願いします。

交通事故4,613閲覧

ベストアンサー

1

もし友人の方が、 ・彼氏の無免許を知っていた という状態で、車を貸したのであれば、 「重大違反唆し」、通称「無免許運転ほう助罪」に該当します。 文面からは、友人の方は無免許であることを知りつつ、 車を提供したように感じられますので、 上記処分を受けることになるでしょう。 車の所有者・使用者は明確ですから、 その内、警察から事情聴取のための、任意出頭要請があると思います。 以下、「無免許ほう助」になった場合の罰則です。 これは懲役刑も定められた犯罪に該当しますので、 2つの処分が個別に発生します。 また、貸した相手(彼氏)が事故を起こしているので、状況は複雑です。 以下、長くなりますが、ご参考までに・・・・。 ①刑事処分 犯罪に対する罰を決定する処分で、担当は検察庁と裁判所になります。 もし彼氏が起こした事故が、けが人がいる「人身事故」の場合、 友人の責任は重くなることがあり、 ・正式起訴→執行猶予付き懲役刑 という可能性すらあります。 事故が物損事故扱いになるのであれば、 ・略式起訴→罰金刑(現在の相場20~30万円) ということで済むでしょう。 友人は成人していますので、上記の処分は、 簡易裁判所、もしくは地方裁判所の管轄となります。 そして、成人していますので、「最低でも罰金刑確定」ですが、 罰金とは、裁判を経由して決定する、犯罪者に対する正式な罰です。 よって、分割・支払期限の延長は原則認められません。 裁判で判決決定後、当日もしくは2~3日以内の支払を命じられますが、 その指示通りに罰金納付ができない場合は、 「労役所」で「働いて払う」というのが原則ルールです。 「労役所」は、裁判中で刑確定前の犯罪者が収容される「拘置所」の中だったり、 刑務所と隣接していたりします。 その中での扱いは、基本囚人と大差ないので、すべての自由・プライバシーがなくなります。 以上が刑事処分の可能性ですが、深刻なけが人が出ていないのであれば、 何とか略式起訴→罰金刑で勘弁してもらえるとは思います。 ②行政処分 運転免許に対する処分のことで、警察や裁判所は無関係で、 公安委員会が担当します。 無免許運転ほう助に関しては、 無免許運転者と同じく、「19点相当」の処分となります。 これは、免許が取り消しとなることを意味しており、 友人は取り消し処分確定後も、最低1年間免許再取得が できなくなることも決定しています。 さらに、免許再取得の際には、 ・高額の取り消し処分者講習受講が義務 ・免許再取得の際に、「前歴1」がついている という、マイナス条件もついてきます。 以上が「無免許運転ほう助罪」に関する、処罰の可能性です。 お読みになってご理解されたと思いますが、 ほう助をした人は、無免許運転した本人と大差ない、 重い処罰を受けることになります。 「断りきれず」とか「しつこくお願いされた」とかの事情は理解できますが、 無免許者には決して車を貸してはいけないんです。 今後の処分の過程でも、上記のような「言い訳」は一切通用しないとお考えください。 なお、上記処分ですが、これは「現行法に基づくもの」です。 質問者さまも友人もご存じないと思うのですが、 昨年京都府亀石市で、未成年無免許者が他人に借りた車で事故を起こし、 ・4名の小学生と妊婦さんを殺害 ・他7名の小学生に重軽傷を負わせる という犯罪を起こしました。 これにより、無免許運転とそのほう助者に対する 罰則強化が決定しており、年内に法律が改正されます。 今まで:「1年以内の懲役または30万円以内の罰金」 ↓ 今後:「3年以内の懲役または50万円以内の罰金」 もし友人が法律改正後に処分を受けるのであれば、 懲役刑の場合、刑期が伸びることになりますし、 罰金も20~30万円ではなく、30~40万円となる 可能性があることもお伝えしておきます。 さらに・・ですが、上記は友人が受ける「道交法」での処分ですが、 今回は貸した相手(彼氏)が事故を起こしていますので、 それだけでは済まない可能性があります。 ③民事上の損害賠償責任 今回事故を起こしたのは友人の彼氏であり、事故責任は友人の彼氏にあります。 今後友人の彼氏、その家族が、キチンそした保障対応をすれば、 ご友人には責任が及ばないかもしれません。 ・・ですが、無免許者が事故を起こしていますので、 最低でも友人の車の損害や運転者である彼氏の怪我は、 保険の補償対象外です。 さらに、そもそも保険の契約条件に 彼氏が当てはまらないのであれば、すべての保険が適用されません。 つまり、いわゆる自賠責保険(強制保険)しか使えないことがありえます。 自賠責は物損はそもそも補償しませんし、 怪我や慰謝料の最大補償額も決まっています。 この状態で、任意保険がつかえなくとも、 友人彼氏やその家族がキチンとした謝罪と補償を自腹で行えばよいのですが、 もしそれができずに事故相手が納得しない場合、 事故相手は、 ・車両の管理者であり ・危険な無免許運転に協力した 友人にも損害賠償請求をすることが可能となります。 つまり、車を貸した友人も、 損害賠償責任を負う可能性があるということです。 事故の内容やけが人の有無がわかりませんが、 内容によっては、補償金額は数百万、数千万円になることも当然ありえます。 これが保険適用外で、友人が責任を追及されるとなると、 一生かけても払い切れない賠償責任を抱えることが決定するかもしれません。 さらにダメ押しですが、無免許運転ほう助は、 社会悪ともいえる犯罪なので、もし友人が社会人とか学生なのであれば、 法律外の処罰を受けることもありえます。 ④社会における制裁処分 具体的には下記ですね。友人が所属している団体や企業、学校など における処分です。具体的には・・・ ・会社を懲戒解雇 ・学校を退学処分 ・医師や看護師、鍼灸師などの資格がとれなくなる *罰金刑以上の処分に問われた場合、このような資格取得が拒否される場合あり ・特定の職業につけなくなる(公務員など) このように、友人の社会人人生が、 大きなマイナス影響を受けることも十分にありえるということです。 長くなりましたが、以上が想定できる処分・責任すべてかと思います。 厳しいですが、現実です。 これほどまでに、無免許運転とか飲酒運転とか、 その「ほう助」は、社会悪として、一般社会から敵視されています。 そういう意味では、質問者様のご友人は、 成人している大人として、絶対にしてはいけないことをしてしまいました。 正直、今後の処分は「なるようにしかなりません」ので、 友人は反省し、罪をうけいれるしかないと思います。 そして、良い機会ですので、質問者さまも、 ・無免許やそのほう助が以下に重い処罰や制裁を加えられるのか ・車やバイクを人に貸す行為が、いかに危険なことなのか を、正しくご理解ください。 なお、質問者さまが友人にアドバイスできることがあるとすれば、 以下4点かなと思います。 ①友人の任意保険の契約内容の確認 :彼氏が保険対象となるかどうか? ②友人から家族への連絡、相談 :これから起こりうる処罰に関しては、友人の親族も知っているべきかと。 最悪のことが起きることもあるので。 ③彼氏やその保護者との協議 :彼氏本人と連絡取れないとのことですが、 無免許+事故なので、事故現場で現行犯逮捕され、 警察署に留置されている可能性が高いです。 そうなると、外部への連絡は厳しい状況になります。 :彼氏の状況を保護者に確認するとともに、 事故補償に対する話し合いをすることが、とても大事だと思います。 :ただし、無免許運転をするような彼氏の家庭ですから、 まともな補償能力はない覚悟で臨む必要があるかもしれません。 ④正式起訴される可能性があるのであれば、弁護人などの起用を検討 :上記の通り、最悪の処分(正式起訴→懲役)や責任(彼氏の事故の損害賠償)が ありえるので、今後の進み方によっては、友人も弁護人を採用した方が 良いこともありえます。費用は決して安くはありませんが・・・。 以上です。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 友人には教えてもらった事を伝えます。 あと、彼氏は留置されず、普通に生活しています。 事故を起こしたあと、事情聴取だけされて その後、パチンコに行っていたそうです。

お礼日時:2013/4/2 16:23

その他の回答(3件)

0

17歳の無資格者に四輪を貸した罪は重くかかってくるでしょう・・・・ 1.無免許ほう助・・・・刑事罰 (簡易裁判所で有罪1~2年~(執行猶予は付く)か罰金刑。(現金一括、支払い不能の場合労役) 2. 行政処分・・・・・・免許取り消し (再取得は大変ですよ) 3. 民事・・・・・・事故の相手方が17歳の彼から損害賠償で取れない場合、友人に請求がきます。(所有者なのでその責ありますよ) 一切の言い訳は通用しません。未成年の無免許者に車を貸したこと自体、重犯罪です。

0

免許取り消しでしょう。 残念ですが仕方ありません。脅されたり盗まれたりした車 ではなく貸してしまった訳ですから。

0

・免許取消(欠格1年) ・事故の人身部分の賠償責任 そして… おそらく失恋(T-T)