ここから本文です

自宅に40年近く前の両目の入ったダルマが供養しないまま残っています。なぜかこの...

nog********さん

2013/4/621:49:59

自宅に40年近く前の両目の入ったダルマが供養しないまま残っています。なぜかこのダルマだけは手放せずにきたのですが、供養せずこのまま残しておいてもよいのでしょうか?

いつも守っていてくれるような気がしてなりません。

補足このダルマ(松島のこけしダルマなのです)は父が合格祈願に買い求めたもので、このたび同じダルマを息子のために購入しようと思い供養をすべきかどうか悩んでいます。

閲覧数:
1,226
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

編集あり2013/4/710:50:52

人それぞれの考え方もあると思いますが、
両目が入ったダルマということは、何かの願意が叶った証です。
縁起が良い物として、手元に残して問題はないと思います。
また、それを供養しなければならないという理由は、
何処にあるのでしょうか?
明確な答えはないものと私は理解します。
大切にされて下さい。

補足を受けて
>いつも守っていてくれるような気がしてなりません。
このお気持ちを優先させ、今のダルマは手元に残し、
息子様のために新しく授かればよろしいと思います。
そして、縁起の良いダルマとともに、並べておかれたらいかがでしょうか。

質問した人からのコメント

2013/4/11 08:44:35

お二人のアドバイスをいただき、このダルマはこのまま手元に残しておくことに決めました。迷っていた気持ちがすっきりしました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kan********さん

編集あり2013/4/710:48:39

達磨は単なる人形もしくは置物ですから、供養する必要性はありません。何でもかんでも供養したがる、させたがるのが、葬式仏教の悪習なんです。仏教における供養の意義は、仏に対する供養であり、物や死者や坊主に供養する概念は、葬式仏教宗派が創作した邪義であり、塔婆供養も初期儒教から拝借した概念で、原始仏教にも上座部にも大乗にも塔婆供養の概念はありません。達磨はそのまま置いときなさい。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる