ここから本文です

老後資金・老後の住まい

アバター

ID非公開さん

2013/4/909:45:37

老後資金・老後の住まい

老後に必要なお金は一人2000万円と言われていますが、
現段階での年金支給額で計算をして、やはり夫婦で4000万円は必要だと言う結論に至りました。

1500万円は、入院特約などがセットになった繋ぎ年金のような保険で賄い、
残りの2500万円は、定期預金に毎月貯蓄をしています。

退職金は、30年以上先の事はわからないので計算に入れていません。

現在は賃貸マンションですが、老後の住まいは夫が55~60歳位の時に、
分譲マンションをキャッシュで買いたいと思います。

ですが、家賃を払いながら老後資金の貯蓄以外に、
分譲マンションをキャッシュで購入出来る程の金額を貯めるのは、
経済的に厳しいのが現状です。

そこで、固定資産税を含めても今の家賃を考えたら、55歳位までに完済出来るような土地付きの一軒家を購入し、
それを売却をして、分譲マンションに買い替えるのはどうかと考え始めました。

老後は、体力的に戸建てではなくバリアフリーのマンションに住みたいと言う事と、
今からマンションを購入してしまうと、一生そのマンションに住めるかと言う疑問と
売却しても二束三文か、売れないかもしれないと言う事もあるので、
マンションは、50代後半の購入と考えています。

立地にもよると思いますが、売却した時の土地の値段+αで
分譲マンションが買えるかなと言う計算なのですが、
今後、人口が減り続ける事から、土地の値段が下がるのが予想されるので
土地を担保にと言うのは、安易な考えでしょうか?

ただ、値段が下がっても、賃貸で全く現金が残らないよりは
多少でも現金になった方がいいかなとも思います。

皆さんは、老後の資金や住まいはどのようにお考えになっていますか?

勉強不足でお恥ずかしいですが、ご教示ください。

閲覧数:
7,671
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dat********さん

2013/4/1006:52:19

十分考えてらっしゃると思いますよ。

なので少し別の視点でコメントします。

10年以上のローンで買うべきではないと思いますよ。
他の回答者様も書いてましたが地震などで二束三文になる危険があります。

言い方はきついですが、マンションでも一軒家でも、買うということはその街と心中することに近いです。30年後の住む街を想像できますか?

私自身は転勤族なんですが、最近まで住んでた福岡市はとても住みやすい街でした。ここ3ヶ月でPM2.5によって、晴れてるのに幼稚園で外遊びが出来なくなる、布団が干せなくなるといった変化が起きました。これは一つの例ですが、ここまで変わってしまうのだから、購入はあまりオススメできません。

少しでも判断の助けになれば幸いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「老後に必要なお金」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gon********さん

2013/4/910:15:47

あなたくらい堅実な方なら、どういう方法をとってもなんとかなるとは思いますけどね

家を買うのもいいと思います。
大きなお金が出て行くので、今と同じ生活は営めませんし、営む気もなくなるでしょう。
生活レベルを落として、ローンをどんどん返済していく。
そうやって、本来なら買えないような家を10年でローンを返し終えてしまう人たくさんいます。
予定通る売ろうとしたら、それこそ地震がきて二束三文の土地になってるかもしれませんが、そうしたら介護マンションを買うにはもっともっと働かなくてはなりませんけど、その時は働くしかないでしょう。

夫が先に死ぬかもしれないし、離婚するかもしれないし、イレギュラーなことはたくさん起きますので、あまりガチガチに考えずにいた方がいいと思いますよ。
迷ってしまう性格なぶん、あなたのような人は案外家を買ってしまった方が覚悟が決まっていいかもしれませんね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる