ここから本文です

消滅時効について質問させて頂きます 先日クリバースと言う債権回収業者の担当...

lot********さん

2013/4/1022:42:56

消滅時効について質問させて頂きます

先日クリバースと言う債権回収業者の担当者が家に来たのですが

自分は10年前に数社の金融からお金を借りたのですが
支払いがきつく8年程前から払えていません

督促の紙などは来ていたのですが払えませんでした
ここで質問なのですが
消滅時効とは
督促がきたりしても5年払ったりしなければいいのですか?
今回の債権回収業者にも払う意思が無いと口答で伝えたのですが大丈夫でしょうか?

拙い文面で申し訳ありませんが馬鹿な自分でも理解できる消滅時効の条件を教えて頂ければ幸いです

補足回答ありがとうございます
要するに僕は消滅時効の援用はできないと言うことでしょうか?
その場合自己破産か債務整理しかないのでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,840
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uju********さん

編集あり2013/4/1618:26:17

債権回収会社からの督促だけでは、時効の中断は認められません。
もし、内容証明郵便で送られていた場合は、裁判外の催告であり、時効期間は一時的に6ヶ月間延長されますが、10年に伸長されることはありません。

その督促に対しても支払っていないということでしたら、時効は成立していることになります。


通常、消費者金融、信販、銀行などの貸金業者からの借金(商事債権)の時効期間は原則として5年です。

時効期日の起算日には、様々な見解がありますが、概ね以下の内容と考えて良いでしょう。

・返済期日を定めない契約で、一度も返済しなかった場合の起算日は、契約日の翌日で、時効はそれから数えて5年。
・返済期日を定めない契約で、一回以上返済した場合の起算日は、最後に返済した翌日で、時効はそれから数えて5年。
・返済期日を定めた契約で、一度も返済しなかった場合の起算日は、最初の返済予定日の翌日で、時効はそれから数えて5年。
・返済期日を定めた契約で、一回以上返済した場合の起算日は、最後に返済した次の返済予定日の翌日で、時効はそれから数えて5年。


●消滅時効の条件

・返済をしない状態を何年か継続する(今回のケースは商事債権なので5年)
・消滅時効援用の通知を行う


法律上、時効の援用のやり方について制限はありません。

つまり、時効によって権利を喪失する者に対して、時効を援用しますと口頭で言うだけでもいいわけです。

ただし、もし裁判になった場合に、時効を援用したという証拠を残していなければ、時効の成立は認められません。

そのため、裁判になった場合、時効を認めてもらうためには「時効の援用をしたこと」の証拠をしっかりと残しておく必要があります。

具体的には、内容証明郵便で時効援用について記載しておくのが一般的です。

内容証明郵便は個人でも記載することができますが、不安であれば司法書士、行政書士などの専門家に相談してみることをおすすめします。
専門家に依頼すれば、専門家への報酬が必要になりますが、自己判断で手続きをするより、専門家の判断を仰ぐことでスムーズに手続きが進みますし、面倒な書類作成や交渉なども代理で行なって貰えます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ros********さん

編集あり2013/4/1801:07:11

結論から言うと、あなたの債務(借金)は時効完成してないので支払の義務はあります。これを消滅時効といいますが、時効完成の要件は利息だけ支払うとか一部少額でも返済するとか、承認もないまま10年ですので8年程前まで支払っていたなら要件を満たしていないからです。最後に債務の承認をしたときから時効は進行するので、最後に債務の一部を支払った事実があればそこを起点とします。
債権者が家に来たのなら、債権者も時効については中断する何らかの行為をするでしょうから、近いうちに裁判所からの支払督促が届き、裁判手続きに入ると思われます。それで再び時効は中断します。
あと、督促が来て5年というのはないです。それは役所が請求する時効と勘違いしているのだと思います。

「補足読みました」
机上の空論でお話しして、期待を持たせてもご迷惑でしょうから、現実的な話です。債権回収業者が家にまで来たということは相手も時効の中断、もしくは時効に掛かってはいない根拠があってわざわざ経費使って来たのだと思います。
あと、商事債権の時効について回答があるようですが、これは「商人間の取引」に限定される法令です。一般の金銭消費貸借契約には適用されません。
自己破産されるのか、債務整理となるのかは私には個別には解りませんが、借りたものを返す義務は法的には発生しているのが現状ですので、もしかしたらその時期の借金にはグレーゾーン金利の過払い金がある確率も高いですし、それを算出して交渉するとか、あとは分割なり、遅延損害金だけは勘弁してもらうなりの交渉はするべきだと思います。
もし、自己破産することができる要件を満たしているのなら、その方法で借金チャラの選択もありだと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる