ここから本文です

伝票の保管年数について。 仕事で商品を売る際、 納品書の控えや売上伝票、受領...

mar********さん

2013/4/1218:02:34

伝票の保管年数について。
仕事で商品を売る際、
納品書の控えや売上伝票、受領書などの伝票は、どのぐらいの年月保管しておけばいいのでしょうか。

同じ職場のある先輩は「1年経ったら捨てていい」と言い、

別の先輩は「5年か7年は保管しないといけない法律がある」と言ってます。

閲覧数:
3,366
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

きっどさん

2013/4/1222:44:42

それらは7年保存だから、ちゃんと経理に確認すること。

モノによっては営業側にあるものは控えだったりするので、経理に原本あるなら営業側は1年経ったら捨てるでも構わない。

質問した人からのコメント

2013/4/15 15:06:06

ありがとうございます。
現在経理の人がいなくて求人出してたところで、確認できませんでした。
新しい経理の人が入ったら聞いてみます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yuz********さん

2013/4/1221:22:21

*法人税と消費税では若干違いがありますが、年数としては保存書類の種類により5年~7年の保存義務があります。

*会社法では、会計帳簿に付き10年間保存とされています。

*下記サイトに要領よくまとめられたいます。

http://www.tabisland.ne.jp/explain/zeikin/zeik05.htm

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる