ここから本文です

【著作権法】著作権の侵害で損害賠償等を請求する場合には、警告は必要なのですか...

tak********さん

2013/4/1822:00:49

【著作権法】著作権の侵害で損害賠償等を請求する場合には、警告は必要なのですか?必要ないのですか?

あらかじめ警告をしておかないと、著作権の侵害で損害賠償等を請求することはできないのですか?
警告は必要ないのですか?
特許法では特許権侵害の損害賠償を請求する場合にはあらかじめ警告をしておかないといけないと思います(警告しないと損害賠償請求ができない)。
著作権法上にはこのような警告前置の記載は見つからなかったのですが、見つけられなかっただけで実際には警告が必要なのでしょうか。それとも必要ないのでしょうか。

ご教授よろしくお願いします。

補足obirin81さんwanta_tokyoさんjirojiro_12345さんたくさんのご回答誠にありがとうございます
考え方
実際例
大変勉強になります

>特許法で警告が必要なのは、補償金請求権
>損害賠償請求権と補償金請求権とを混同されていると思います

まさにここを混同しておりました

追加で申し訳ないのですが

特許権侵害による補償金請求には警告は不要なのでしょうか
必要なのでしょうか
著作権法に規定が見つかりませんでした

お手数をおかけいたします

閲覧数:
1,107
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

obi********さん

編集あり2013/4/1922:55:17

一番最近ですと、野村不動産のtokyoイゴコチ研究所が著作権違反でもめて、テレビCM打ち切りました。金銭的解決かどうかは不明です。アメリカでは即使用料請求になります。
いぜん日本たばこが、マイルドセブンイゴコチ研究所を勝手に使ってもめた(夕刊フジ既報)ときには警告されてこうしょうしているあいだに別の類に登録して開き直るという姑息な手段を使いました。「
「居心地研究所」で登録検索すると出てきます。
警告すると同時にそれまでの資金請求も並行して強気で出ないとだめですよ。
時間経過とボリュームによると思います。半年までならともかく一年にもなっている場合には、一年まえかせ知っていて許されたものは今後も同じだと相手は考えるものなので、三ヶ月間の警告期間を引いた資金請求を警告とともに同時並行することが必要です。法的にも問題ないです。弁護士に言わせるとこの国ほど著作権がいい加減な国はないそうです。著作権所有者は紳士的ニやればやるほど損をすると考えて行動されないと、維持する更新料ばかりかかることになるでしょう。

質問した人からのコメント

2013/4/20 09:04:58

降参 obirin81さんwanta_tokyoさんjirojiro_12345さんご回答誠にありがとうございます
補足で

>特許権侵害による補償金請求・・


【著作権侵害】と書くべきところを特許権侵害と誤記したため
結局何が知りたい補足かと混乱したと思います

特許権侵害の補償金請求は特許法65条で警告必要とありますが
著作権侵害の補償金請求はどうかが疑問でした
補足で著作権も警告必要と回答してくれたobirin81さんをBAとさせてください
大変失礼いたしました

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wan********さん

2013/4/1908:44:25

特許権侵害、著作権侵害ともに警告は不要です。
ただ、警告をしておくと、損害賠償請求が楽になります。

民法709条には
「第709条
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保 護される利益を侵害した者は、これによって生 じた損害を賠償する責任を負う。」
こう定められています。

つまり、損害賠償をするには
・故意または過失
・他人の権利を侵害
・侵害によって生じた損害
この3つを明らかにする必要があると、法は定めています。

警告に従わない場合、その事実によって「故意」が明らかになります。
警告以外の方法で故意または過失を明らかにしても構わないのですが、著作権侵害の場合には警告が一番手っ取り早い方法となります。

jir********さん

編集あり2013/4/1923:36:26

著作権法でも特許法でも損害賠償請求権の請求するのに警告は不要です。

特許法で警告が必要なのは、補償金請求権です。
損害賠償請求権(民法709条)と補償金請求権とを混同されていると思います。

ちなみに、損害賠償請求権は民法ですので、根拠条文は民法となります。

※補足について
補償金請求権では、警告が必要です。
特許権侵害の場合は、特許が成立した後の侵害行為が対象ですが、補償金請求権は特許成立前の行為に対する請求権です。
特許になるかならないかわからない段階の金銭請求権ですので、そのような出願に対してまで監視負担を第三者に負わせるのは酷であり、予め警告させておく必要があるという趣旨になります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる