ジギングの時のフリーフォールってみなさんどうやってます?ショア・オフショア問わずです。

ジギングの時のフリーフォールってみなさんどうやってます?ショア・オフショア問わずです。 自分はショアが多いのですが、フォール(フリー)のとき左手の親指なり右手の人差し指なりでフェザーリング(サミング)してフリー?これはちょっとテンションかかってんじゃん?って思うことがよくあるのですが。 ヒラを打つタイプのジグなんてテンションが完全にかかると多分あまり動かずカーブフォールするんだろうと思ってます。実際のところジグが沈んで行くときは手で軽く糸の出調整(風で出ないように)したらフリーフォールって言えるのでしょうか?でも言ってしまえばリールやむしろ糸がすでに抵抗で多少のテンションがかかった状態と同じですよね?(糸をつけずにジグを落とす以外すべて) よくフリーフォール時に指で糸はさんでスーっと糸を送ってますが、(多分当たりをとるつもり?)でもあれってフリーじゃないですよね? そうなるとベイトリールのジギングなんてスプールを回す力=テンションですよね? どうしたらほぼ完全フリーのフォールができるのでしょうか? なんか表現下手ですいません。どなたか回答お願いします

釣り7,474閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

1人が共感しています

ベストアンサー

0

オフショア派です。 ベイトの場合は構造上、クラッチを切ってもスプールの回転による抵抗が有る為、厳密には常に軽いテンションフォールに該当はするかもしれませんね。 構造上、100%フリーは無理なので、ここはメーカーの努力によってベアリングの質を上げてくるか。 また、レベルワインダーの有無によっても違いがあるので、機種によっても「フリーフォール」の概念は多少異なると思います。 自分はレベルワインダー付きのベイトはドラグ横のツマミ(名称忘れました)でフォールスピードを調整するだでです。 ジガー等のレベルワインダー無も同様ですが、こちらは状況に応じてサミングもします。 スピニングの場合は、ラインの放出抵抗だけの問題になるのですが、ベイト以上にラインの放出量によって差がでます。 当然、ショアでも共通しますが、スプールからラインが放出されるにつれて、スプールエッジへのラインの接触抵抗が増える訳で、それによってベイトのスプール回転抵抗に近い状態にはなります。 何れにしても、正論は質問者さんの言うとおり、少なからずジグへテンションは掛っているので、フリーフォールの概念は基本的にクラッチたベイルを起こした状態で、サミングを行わずにそのままラインを放出していくことを指すことになります。 自分は潮流や扱うジグによってサミングの有無を判断して、最低限着底の察知が遅れない様にしていいます。そうすれば必然的にフォール中のアタリにも気づきます。 スピニングでラインを指で挟んだりするサミングは当然、アタリを取る為でもあり、オフショアにおいては潮流等の加減で常に真下へジグが落ちる訳でもなく、ライン自体も潮流を受けて海中では弧を描くようになっています。これをサミング無しでフォールさせると、遊漁船での乗合だと、同船者に対してのマナー違反にもなりますし、フォール中のアタリも全く取れなくなる場合も大半です。ましてや直底なんか察知できません。その点、常に軽いテンションの掛っているベイトはスピニングに比べて、着底やアタリが取りやすいと言われる所以でもあります。 また、スピニングでスプールから放出されたラインを軽くサミングすることで、放出時のラインのバタつきを押さえ、スムーズなフォールとベイトと同様に着底とアタリの察知がしやすくなるメリットがあります。 「つもり」でやってる人もいるかもしれないですが、これはショア、オフショア問わず状況に応じて「必要」と判断した場合は即実践するのがベスト。 ショアでも潮流が横からの場合、ラインは流れに沿って弧を描く事もあるでしょう。その状態でサミングなしでフォールさせると着底の察知は多少遅れ(気づかない人もいる)、ましてや着底してからジグが動き出す迄にラインスラックを必要以上に回収する必要性もでてきます。それは根掛りのリスクも上がり、厳密にはジグを見切られる要因になります。 質問者さんがフリーフォールに拘るのであれば、フリーフォールの位置づけを何処におくのか、ラインの放出の特性についても言及していくべきでしょうね。それにジグによってもフォール時の特性は変わりますから。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

遅くなりました。ありがとうございます。

お礼日時:2013/4/27 3:51

その他の回答(3件)

0

あくまでそれらを踏まえてのフリーフォールという言葉に過ぎず、 糸を出さずにカーブフォールさせるのと区別しているだけでしょうね 流れの速いところだと、ジグが着底してからもライン自体は出続けてしまうので、 私もある程度テンションを掛けた状態でフォールさせます 流れの緩いところでエギなどをする場合だと、ラインが出るのに合わせて手で糸を送り、 極力テンションを掛けないようにもしたりしますね しかしまぁPEラインは基本とても浮力が高いので、(高比重にしてあるものを除いて) 本質的に言えばジグに糸が付いている時点でテンションは掛かっています

0

ロングフォールジャークの最大5mくらいを除けば、 ジグでフリーフォールさせることなんか無いでしょう。 >どうしたらほぼ完全フリーのフォールができるのでしょうか? ティップランやテンヤで使われる手法ですが、 ラインをジグの重さで出すのではなく、釣り人が積極的に出して水面に落とす手法はどうです? https://www.youtube.com/watch?v=mDnzSW2RtnI

1

ベール(クラッチ)を起こしてのカーブフォール以外は、多少ラインの出を調整してもフリーフォールでいいと思いますよ。なんでも既成概念にとらわれすぎです。釣りは自然を相手にするのですから、潮の速さ、風の状態などに合わせて調整するのは仕方ないことですよ。

1人がナイス!しています