ここから本文です

リトグラフって、ふざけてませんか?

dyw********さん

2013/4/2723:18:42

リトグラフって、ふざけてませんか?

印刷物ですよね。
いくらでも刷れるのですね?
そんなのでも、結構な値段がつくと言うのもおかしくないですか?
本人が自分の名前を書いたりするんでしょうけれど、100や200と刷るのでありがたみもないのでは?
画家も、いちいち画を書いていたらしんどいからですか。
そういうので金儲けをしないと、やっていけないと言うことですか?

補足浮世絵も広い意味では、リトグラフと言う範疇に含めるのですか?
ちょっと違うような印象をもつのですが。
江戸時代の浮世絵はメッチャ高いらしいですね。
広重の53次ですが、江戸から京までコンプリートであれば5000万ぐらいだそうですね。

閲覧数:
4,353
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vio********さん

2013/4/2804:36:31

あなたのいうとおり、日本では浮世絵文化があるので「版画」が特殊な文化になっているだけです。

ぼく自身も若い頃に摺師をやってましたし、いまでもいろんなジャンルの版画をやる事があります。友達には結構有名な版画家もいますが・・・

海外のギャラリーに作品を売り込む時に、版画作品ばかりを見せると、版画はいいから絵画の作品をみせろと言われたりします。つまり海外では版画だけをやるという事は殆どなくて、画家が自分の作品を安価に売る為の手段に過ぎなかったりします。モノタイプみたいなものや技法で版画の要素を使う場合を除いては、海外では版画家という職業のひとは殆どいません。ウォーホルだってシルクスクリーンですが、版画家という肩書きで呼ばれる事はないわけです。

そもそも「版画」は「プリント」なわけで、近年ではデジタルプリントも版画の一種として認められています。ジーグレーというもので、ぼくもよく工房に行って出力を頼みますけど、判りやすくいえば家庭のプリンタで出力するのと変わりません。これって自分が若い頃にシルクスクリーンの工房で摺師をやってたのと同じなわけで、シルクスクリーンと言えば立派な版画に聞こえると思いますが、原理はプリンタと同じです。

シルクスクリーンだって機械刷りもあるわけで・・・シルクを摺るのって誰でも3日仕事をやれば摺れるようになりますし、難しいのは色出し(混色)なわけで、それはジーグレーも同じなわけです。

つまり版画というのはプリントですから、結局のところ、どれだけ人間の手が入っているか?手間が掛かっているのか?という事に注目をすれば、はたして「手間」が芸術なの?芸術は時間給なの?という事になって、あなたのような疑問が出てくるのは当然なんだと思います。

では、版画の価値はどう保つのか?

それはあくまでも「限定」という事で保つしかありません。

スポーツのトレーディングカードだって、高いものは1枚で数千万円するものもあるわけです。それと同じです。

本業は画家なので、版画を本職としているひととは少し考え方も違いますが、本音を言えば、海外の有名な画家のポスターを買う値段で、日本の画家の結構すごい作品(原画)が買えるわけですよね。

質問した人からのコメント

2013/4/30 01:07:58

作り手が、限定という縛りをすること以外には価値を担保できないのですね。
いくらでも作れてしまうのですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sen********さん

編集あり2013/4/2902:45:17

リトグラフって単なる版画の一技法であってリトグラフという技法がふざけてるってことはまずありえない。

芸術作品のオリジナル作品でリトグラフを用いたものの場合と言うか、普通複製可能な作品の場合ナンバーと総合の複製限度枚数が書いてあると思うんだけど。総合の複製枚数が増えればその分単価も下がると思う。もちろん刷ろうと思えば刷れ無いことは無いだろうけど信頼の問題になってくるから悪意のある人以外しないと思う。あと版画みたいに複製可能な作品は絵画より普通は安い。
買う方もそんな事は百も承知で買うんじゃないかな?

デパートとかで売ってるような有名作品の複製としてのリトグラフはただの金儲け用だと思う。
画家も画商も稼がないといけないし、嫌なら買わなければいいだけの話。
需要と供給の市場原理で動いていると思う。

追記
オリジナルの浮世絵の技法は木版(技法)だと思うからリトグラフ(技法)では無いと思う。
ただオリジナルの浮世絵を元にリトグラフバージョンを制作して販売されている可能性はある。

版画も浮世絵も専門外で間違ってたら申し訳ない。
yetoh6146さんが言うようにリトグラフという言葉が独り歩きしてリトグラフ=模造品みたいに勘違いされてるんじゃないかな。

yet********さん

2013/4/2815:58:43

補足も含めて、リトグラフという言葉が持つ意味を曲解されていないでしょうか。
具体的にどのような作品を言っているのでしょう?
浮世絵は、今でこそ大変ですが、当時は、今では考えられないような安い値段であったことや、商品の包装紙でもあったのはご存知ですか。

何れにしても、版画は当然ですが、大量に同一の作品が作れます。
なのでリトにだけそのように思われるのは不可解です。
リトグラフとは手仕事による石版画(版は石も、アルミもありますが)と理解しての話しですが。

tth********さん

編集あり2013/4/2807:50:37

...
>>印刷物ですよね。

印刷物ではありません、>>
専属の摺り師が、居ます。


良い点は、
国宝級の有名画家の画材が
(レプリカではなく)比較的安価?で手に入る事などがあげられます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

exh********さん

2013/4/2800:23:03

リトグラフには様々なタイプのものがあります。
伝統的な手法のものは、むしろ普通の絵画よりも手間ひまのかかるものがあり、多量に刷ることもできません。
版画なのですから、価値あるものには価値があり、無価値のものある、というだけのことです。リトグラフは複製ができるので無価値である、とするのであれば、すべての版画も否定することになります。

近年では、厳密に言えば「リトグラフ風」の安価なプリントが、出回っているために理解できていない人も居るだけです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる