marry 結婚する

英語5,430閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

7

7人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

質問者さんは今、英語理解の上で大変重要な質問をしていると考えます 私自身もこのmarry等の結構な数の単語につき、あやふやなままで過ごしている者ですが、ここで一緒に考えて見ましょう。 >まとめるとどのようになるのでしょう??とあります。 覚えやすくする為、多少乱暴なやり方を使って説明して見ましょう。 言語学者ならぬ私のこと、例証を挙げつつの説明とは行きませんが、ともかく「私見」として読んで見て下さい marry は元来「他動詞」です。ですからタイトルのmarry 結婚する と言う事から既に違っています。 この言葉は結婚「させる」です Oxfordの OALD 辞書にも「結婚する」との自動詞的用法より他動詞用法(get married) の方が口語で一般的、と解説されています。 この他動詞用法は我々の辞書では二番目か三番目に載っていて牧師とか父親が(子を)結婚させる、とか縁づける、との解説があります。私はこの解釈を一番目に解説すべきではないか、と思います と言うのも、ヨーロッパ語の動詞は、元来殆どが他動詞で、それを自動詞的に使う時、自分自身を~させる→~する、との使い方をします。これを再帰動詞と言って仏語にも、スペイン語にも、独語にもあります。そして英語にも少し形を崩しつつ残っています。 英語の辞書だって元々の解釈を一番目に、との考えです。 そしてこの再帰的用法は英語では、他動詞+oneselfの形です. 「考える」- thinkも自分自身を考えさせる、think myself としてチャント通じます この再帰動詞の理解が、marry の理解のカギとなり得るのではないかと考えます あるネットで調べたところドイツ語における再帰動詞の使い方の説明で、日本語の「座る」にあたる動詞を解説していました。 ドイツ語には「座る」という自動詞がないそうです。「自分自身を座らせる」と言いながら「座る」を表現するそうです。 さて、merry ですが、ある娘さんが父親に向かって”Will you marry me ?”の言い方も上古だったら文法的にあり得たはずです。「お父さん、私を結婚させてよ」として それが、私の辞書なら一番目に掲げる用例となります。これが現今では結婚相手に向かってのセリフとなっているのは、多分英語ネイティヴの再帰動詞認識のアヤフヤさから来ているのでしょう。英語はドイツ語の出自なのに「不肖の息子」です。我々のあやふやも、どうも英語ネイティヴのあやふやが元凶なのではないかとも思えてくる時もあります この様にmarry を他動詞と考えてその受身形married が「結婚している」状態を表す事となります。 ちょうど interest(興味を持たせる) が受身形となって興味がある、との意味になるのと同じです。 それで口語的表現get married も派生してくるのです。get some work done (仕事を終わらせる)と同じ様なものです 辞書には自動詞として載っている用例、He married late in life (彼は遅くに結婚した=彼は晩婚だった)についても、元来はHe married himself late in life だったのではないか。それを英語ネイティヴが「面倒くさがって」himself を省略してしまったのではないか、と私には思えるのです marry についてはこの様に覚えられたら?

0

口語で使われる marry の用法について言えば、今までの回答で出尽くしていますが、 少し補足をすると・・・ marry ~ という他動詞には、次の二つの用法があります。 ① ~ と結婚する、  これは、事典や公式文書などに使われる正式表現で、 (EX) She married John F Kennedy in 1953 などと使います。口語では、この marry の代わりに、get married to が使われます。 (EX) I got married to him last year. ② ~ を結婚させる これも正式表現で、「牧師などが誰それの結婚式を司る」という意味の用法と、 「親が子を結婚させる」という意味の2つの用法があります。 (EX) The priest married William and Mary in the church. (EX) He married his daughter to a rich man aged 40. また、marry には、自動詞の用法もあります。 (EX) We married in 1953.

0

merry 誰々が普通ですよね。 かの、高円宮の殿下は当時、英語の通訳者だった久子さんに Will you marry me?と求婚をされたそうです。 Yes , I will ,ではなく I marry.... とお答えになったとか。 He marries her . いいですねぇ~

0

結婚する は、get marry でいいのですよ。 「○○と結婚している」だったらmarred to ○○ marrige は名詞の「結婚」です。 例;A)I will have a marrige next month! B)Oh really?Who are you getting married to? A)Bob Tailer.I really wanted to be his wife....now my dream is come true! 訳;A)私来月結婚するの!    B) 本当に?誰と結婚するの?    A)ボブ・テイラー。私ずっと彼の妻になりたいと思ってたの・・今実現しちゃったわ!