ここから本文です

アマチュア無線アンテナ設置時の測定器について

pq1********さん

2013/4/3011:11:56

アマチュア無線アンテナ設置時の測定器について

HFのモービルアンテナをベランダに据えて使おうと調べていたらSWRなるものを測定したほうが良いとあり、SWR測定器を調べたらアナライザーとパワーメーター/SWR計という2種類ありましたがどう違うのでしょう?屋外での作業時は必ずアナライザーという携帯型(乾電池駆動)のものでないといけないのでしょうか?HF~430MHz対応のものなら価格が高額なのですが・・・

閲覧数:
4,046
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yet********さん

2013/4/3013:03:31

あなたにお勧めしたいことがあります。
それは、聞きかじりではなく、ご自身で調べて、得た知識をご自分のものとして下さい。
アンテナを調整するとはどのようなことをすることなのか、まず知って下さい。
それからSWRとは何か、アンテナアナライザーとは何かを学んで下さい。
SWR計等を販売店で見るなりまず現物を見、その使い方を知って下さい。また、どの計器が最低必要であるかをご自分で判断して下さい。
目に見えない電波を見えるようにと世界中の先輩たちが苦心して来たのですから、その恩恵に早く自分のものとして浴することができるように学んで下さい。
不親切との誹り(そしり)を受けるかも知れませんが、ここでは、敢えてそれぞれのことについて解説をしません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

atoz_146さん

編集あり2013/5/215:08:28

pq1300000さん こんばんは。

まず、アマチュア無線で使うアンテナのほとんどは同調型のアンテナで、目的の周波数に共振させて使うタイプのアンテナです。

次に、アンテナの給電インピーダンス(給電点の高周波抵抗分)は、実数分とリアクタンスで表されます。同調型のアンテナが、目的の周波数に共振したとき、インピーダンスのリアクタンス分は0に近くなり、SWR(定在波比)が最も良好になります。

次に、SWRですが、SWRとはトランシーバからアンテナに向かう高周波成分と、アンテナの給電インピーダンスと同軸ケーブルのインピーダンス(普通は50Ω)の不整合によって、アンテナで反射されてトランシーバに戻る成分の比のことで、同軸ケーブルとアンテナのインピーダンスが整合しているとき、最も低い1:1の値になります。

ご質問の、アナライザは、微弱電力の発振回路とインピーダンスブリッジを内蔵していて、給電点の実数分、リアクタンス分、50Ωで給電した場合のSWRを数値で表示してくれる測定器です。ダイアルを回すだけで周波数を変化できるので、アンテナにつなげば、中心周波数がどこになっているかどうかもわかります。

SWR計は、トランシーバ→同軸ケーブル→SWR計→アンテナ のように、なるべくアンテナに近い側に接続して実際にバンド内で数W~10Wくらいで送信して、実際に反射電力を測定してSWRを測定するものです。構造が簡単なのでアナライザに比較して安価ですが、アンテナから遠くで測定すると反射波がケーブルの損失で低く測定されるので、ケーブルの損失分だけSWRが実際よりも良く表示されます。

ですが、モービルアンテナの調整であれば、先端エレメントを延ばしたり縮めたりして目的の周波数のSWRを下げるだけで良いと思うので、まずはSWR計をお奨めします。今後も色々とアンテナ製作をするのでしたらアナライザも良いと思いますが、まずはSWR計で良いでしょう。

ちなみに私はずっとSWR計を使っていましたが、ここ10年くらいは、MFJ-269というアナライザを使っています。

アナライザの使い方に関連して、以下のQ&Aに回答しました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410658745...

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1226801407

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1150826181

SWR計については、以下のQ&Aに書きました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1436567484

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210261426...

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1430667389

ご参考まで。

アバター

ID非公開さん

編集あり2013/5/113:07:13

測定したいSWRというものがなんなのかもわからずに高価な機材を購入するのであれば、悪質商法で儲けているやつらの思うつぼではないでしょうか。
ゼニをドブに捨てても惜しくない生活をされているのならクラニシの機材をお勧めします。クラニシ製品のユーザーとしての個人的経験です。あんなものにお金を払うくらいなら自分からドブに捨てた方が気持ちが良いと感じられるかもしれませんね。

SWR教の信者や、アース教の信者にならないことが良いアンテナを設置する基本だと思います。

yam********さん

2013/4/3023:43:14

SWRメーターは、発振機がないので、
送信機(トランシーバ)を発振機として
アンテナや給電線のSWRを測定するもの。
アンテナアナライザーは、発振機が付いていいる
SWRメーターのようなもので共振周波数やインピーダンスも測れる。

SWRメーターでは、送信機の発射出来る周波数のみ
SWRの測定ができます。
送信機から無駄な電波を出すこととなり、他局に迷惑がかかります。
極端に小さな出力では、SWRは測れないこともあります。
アンテナアナライザーでは、もっと幅が広く測定できます。
また、出力も非常に小さいので他局への迷惑は、最小限で済みます。

たとえば、21MHzのアンテナを同調させようとした時
19MHzに同調していたとすれば
SWRメーターでは、送信機で21.0~21.45MHzにずらすことにより
だんだん大きくのなるのは、解ります。
そこで、少しずつエレメントを短くしSWRを小さくして1.5位に追い込む。
アンテナアナライザーであれば、
18MHzに同調していることが解るので、概算で短くする長さを
計算でき、簡単に調整出来ます。
また、インピーダンス(純抵抗とリアクタンス)も測れる便利です。

アナライザーがあったほうが便利ですが、そんなに使用する機会は少ないでしょう。
とりあえずは、SWRメーターがあればアンテナの調整は可能です。
頑張って、やってみてください。
アンテナ作りにハマってしまったら(ハマることを祈っています。)
アンテナアナライザーに手を出してみたらいかがでしょうか?


蛇足ですが、HFのアンテナをベランダに設置とのことですが
エレメントの長さよりアースの処理をキチンとやらないと
SWRは、下がらないし、電波は、うまく出て行かないようです。

2013/4/3021:46:34

はっきり言えば「機器」のお値段が違うだけではないでしょうか?

私は開局以来「SWR/パワー計」に頼って自作アンテナの調整に用いて来ました
現在もアンテナカップラ(手動型のチューナー)で同調をとる場合はSWR計で合わせていますが今のところ深刻な問題は発生しておりません(最大出力は電信モードで百ワット)

しかし、アンテナアナライザーは自作アンテナの調整には不可欠なツールだと思います。市販のモービルホイップを調整する程度ならSWR兼パワー計で充分だと思います(アンテナアナライザは運用中はつなげないのでリアルタイムな整合状態の監視には不向きだからです)

gor********さん

2013/4/3020:10:26

前の回答者さん達の意見を尊重して 直接の回答はしません。

最近は、知識が無くてもアマチュア無線の資格が取れる、 でも、
アマチュア無線に興味が有って知識が有る積もりでも 4アマさえ
受からない哀れな人達が居る・・・

アマチュア無線の中身は広いですよ。 でも、興味が出なければ
狭いです。

もし、本当に資格を取ったなら、もっと勉強(色々な事を知って)楽しみを
見出して下さい 沢山あります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる