ここから本文です

高速道路のパーキングエリアはおよそ15kmおき、サービスエリアはおよそ50kmおきな...

tsu********さん

2013/5/515:31:55

高速道路のパーキングエリアはおよそ15kmおき、サービスエリアはおよそ50kmおきなのはなぜですか?

閲覧数:
190
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nge********さん

2013/5/515:37:56

サービスエリアが50kmおきにあるのは、サービスエリアには必ずと言っていいほどガソリンスタンドがあります。 車のガソリンが無くなりそうなときにガソリンマークがつきますがそのガソリンマークがついてから車は50km走れるそうなのでガソリン切れにならないようになってる

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kot********さん

2013/5/519:51:54

走行中燃料警告灯が点灯しても概ね50km前後は走れることから50~60kmおきに休息のほか燃料補給が可能な施設としてサービスエリア(SA)が設けられています、また休息やトイレ等の利便のため15~20km間隔でパークングエリア(PA)が設けられています。

ただし、経済情勢の変化、採算性の問題等から休廃止される給油所も有り地方の高速道路では給油所の間隔が100km以上(米子自動車道では概ね150km、磐越自動車道から日東道方面は磐梯山SA⇔朝日まほろばIC間(174.1km)に1箇所も給油施設が存在しない)になる区間もあり燃料切れでJAFに補給を頼む例もあるので事前に給油所のチェックをするなど注意が必要でしょう。

長時間単調な運転を続けていると判断力や集中力が低下することがあります、そのため安全運転のためにもドライブを楽しむためにもSAやPAを上手に利用して2時間に1回程度休憩をとりましょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる