ここから本文です

頭を素手で殴られた場合ってどんな後遺症が考えられますか?

uro********さん

2013/5/1813:13:56

頭を素手で殴られた場合ってどんな後遺症が考えられますか?

今から18年前ぐらいの話なんですが、中学の頃同じクラスの不登校気味だったクラスメイトに部活の帰りに公園のベンチで待ち伏せされて頭を数え切れないぐらい何十発も強打されて血だらけになって自宅に帰りました、その日は頭痛がひどかったのを覚えてます。


普通後遺症ってすぐ現れるものですか?ニュースで傷害罪で捕まった人が報道されるのを見ると、暴力を振るわれた人は全治2,3週間とかで本当に完治しているのでしょうか?程度によっては後遺症となって現れる場合も考えられますか?


私は殴られた6ヶ月後に突如頭の激痛に襲われて、親に言えなかったので事情を説明し、脳外科でMRIとCTを撮ったのですが
異常はありませんでした、ですが激痛には変わりなく、鎮痛剤を飲んでは抑え飲んでは抑えをそれから4年も繰り返しました、これは
殴られた後遺症と考えるのが普通でしょうか?


今は痛みは全く無いのですが、当時は高校受験を控えていて全く勉強できずで結局行きたい高校にも入れませんでした。
ずっと考えないように生きてきたのですが、やっぱり後遺症と考えるのが普通でしょうか?

補足早速の詳しい回答有難うございます、脳に異常をきたした場合ってやはり手足の感覚とか言語とかに影響を及ぼしてしまうのですね
私の場合は意識もしっかりはあるのですが、激痛には変わらなかったのでとにかく辛かったの一言です、今年の1月に耳鼻咽喉科に
お世話になったのですが、蓄膿は昔からあり除洗をしてるのですが、蓄膿の頭痛ではなかったんだと思います。
原因が分かれば当時の私には1番安心したかもしれなかったです・・・

閲覧数:
62,791
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

azu********さん

編集あり2013/5/1814:25:37

局所の脳組織の挫滅(ざめつ)(脳挫傷(のうざしょう))では、受傷部位から後遺症の予測が可能です。
片側の前頭葉や側頭葉の前から数cmまでの範囲は、比較的後遺症を起こしにくい場所です。
前頭葉のいちばん後ろには手足を動かす運動中枢があり、侵された側と反対側の半身の麻痺(片麻痺(かたまひ))を来します。
前頭葉の後ろには頭頂葉があり、頭頂葉のいちばん前には手足の感覚(体知覚)の中枢があります。
体知覚中枢(たいちかくちゅうすう)は運動中枢と接して存在するため、通常は運動麻痺と感覚障害の両方が認められます。
そのほか、言語障害は一般に左の脳の障害で起こりやすいとされています。

広範囲の損傷や、脳の深部の損傷では意識障害が後遺症として残ります。
重症の場合には、開眼はしていても意思の疎通ができず、運動や言語も損なわれた遷延性(せんえんせい)意識障害(いわゆる植物状態)になります。
生命維持中枢(脳幹(のうかん))の機能は保たれているので、呼吸や心臓機能に障害は認められず、脳死とはまったく異なります。

●外傷性(がいしょうせい)てんかん
頭部CTで脳挫傷(のうざしょう)などの脳組織の損傷が認められる時や、脳の損傷による症状がある場合に、外傷性てんかんを起こす可能性が高いと考えられています。
外傷性てんかんの発生頻度は、入院を要した頭部外傷患者の5%以下、昏睡(こんすい)状態の重症頭部外傷では15〜35%で、発症する場合は受傷後1年以内で約50%、2年以内で80%程度と報告されています。

上記に該当する事があれば、後遺症と言えるでしょう。
しかしながら、頭痛の原因は他の所ではないかと思われます。
頭部が原因の頭痛であればもっと深刻な状態になっていると考えられ、それ以外が起因する頭痛ではないでしょうか。
一度、耳鼻咽喉科で詳しく検査されてみては如何でしょうか。

補足:頭痛は原因となる脳の病気がなく、慢性的な頭痛に悩まされる状態です。
頭痛の約9割が生命に別状のないこのタイプで「機能性頭痛」と呼びます。
頭痛というと脳が痛むと思うかもしれませんが、痛みを感じるのは脳ではなく、頭蓋骨(ずがいこつ)の外側にある筋肉や筋膜、神経、脳を包む膜や血管などです。
原因としては生活習慣や精神的ストレス、睡眠のリズムなどがあげられます。
生活改善や適切な治療によって、頭痛の悩みを解消し、快適な毎日を送ることができます。

頭痛には緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛があります
検査をしても頭痛を起こすような異常がない頭痛の約70パーセントを占めるのが「緊張型頭痛」で、続いて「片頭痛」、約1パーセントが「群発頭痛」です(症状は下イラスト参照)。
緊張型頭痛は、ストレスや緊張によって頭蓋骨を包む筋肉や膜が異常に収縮して起こります。
一方、片頭痛は脳内の血管で神経ペプチドが遊離されることにより、血管に炎症が起こり、血管が拡張することで起こります。
偏頭痛
•血管の炎症を抑えるため、冷たいタオルなどで頭を冷やして安静します。冷却シートをおでこや首の後ろに貼るのも偏頭痛には効果的です。
•この頭痛は、寝ると治ることが多いのが特徴です。光が当たらない部屋で少し休むと頭痛が改善します。
•血管を収縮させるため、日ごろからマグネシウムやビタミンB2を取りましょう。海藻、豆類などに豊富です。
•コーヒー、緑茶などに含まれるカフェインは、血管を収縮させる作用があり、このタイプの頭痛には効果的です。(ただし、1日2杯まで!それ以上飲むと、偏頭痛が悪化します)
•こめかみを押したり、こめかみをタオルや手ぬぐいで縛っても頭痛がラクになります。
•偏頭痛の場合、マッサージなどに行くと悪化することがあります。
•「トリプタン」という偏頭痛の特効薬ができました。ひどい場合は、病院で処方してもらいましょう。

緊張型頭痛
•蒸しタオルなどで、肩から首筋を温め、筋肉のコリをほぐします。この頭痛には、入浴も効果的です。ぬるめのお湯にゆっくりつかる習慣をつけましょう。最近は、電子レンジで温めるホットパックも発売されています。一度温めれば、 15 分ほど温かさが持続するので試してみてください。
•首、肩をまわして血行を良くしましょう。筋肉の緊張をほぐして、血行を良くすることが1番の頭痛対策です。
•日ごろの姿勢や、枕の形状などを工夫しましょう。高すぎる枕は肩こりや頭痛の原因になります。
•適度な運動とストレス解消を心がけましょう。ストレスによって筋肉が凝り固まっていることもあるため、リラックスタイムを設け、ストレスをためないようにしましょう。

質問した人からのコメント

2013/5/19 09:25:49

降参 どうもご親切にご説明頂き有難うございます!昔の事なので原因は分からないですが、当時はネットが出来る環境ではなかったので、もっと普及していれば、色々な事が学べたかもしれないですね、生活にストレスとか特に感じていなく突然痛み出したあの感覚は今でも忘れないです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる