ここから本文です

「三月」という詩

yom********さん

2007/2/915:37:56

「三月」という詩

杉山平一さんの「三月」という詩をどなたかご存じ有りませんか?「三月」が載っている詩集名や、出版社などもご存じの方は教えて頂ければと思います。

閲覧数:
1,167
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2007/2/920:35:51

「杉山平一全詩集 上巻」編集工房ノア、1997年2月1日発行、定価7210円、418~419ページに収録されています。


 三 月

走ってくる春の聖火ランナーの
かかげる聖火の白い梅が
チラチラ見えてきた

東の夜空には
春のアークチュルスが
チカチカのぞき出した

むかし ながく苦しかった時代
あの星に祈ったころを思い出す。

トンネルは必ず抜けるものだ
待つものは必ずくるのだ

来たのかもしれない
郵便箱にポトリと音がする

質問した人からのコメント

2007/2/13 15:18:15

抱きしめる この詩をさがして本屋を何軒かまわりましたが、詩集を見つけられずにあきらめかけていました。詩集の情報だけでなく、詩そのものも教えて下さって、とっても助かりました。本当にありがとうございます。感謝!感謝!です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる