ここから本文です

馬券が当たって高額配当を得た人に配当金の5倍も税務署が 追徴課税したって本当...

mym********さん

2013/5/2311:28:48

馬券が当たって高額配当を得た人に配当金の5倍も税務署が

追徴課税したって本当ですか?

事実ならば今後、競馬をする人が激減してしまう可能性も

有り、公営ギャンブルが益々凋落してしまう可能性が出ま

せんか?

閲覧数:
300
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nrm********さん

2013/5/2311:54:26

ハズレ馬券は経費と認める大阪地裁の判決。良かった。てか 100 200万の儲けにゃ国税庁は動かないから。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hry********さん

2013/5/2317:51:18

この人の場合は雑所得になるのかもしれないが、所得の分類は問わず、より一般的に外れ馬券も経費と認めるべきだと思います。
おそらく地裁は、その一般的判断を回避したのでしょう。残念です。
所得によって計算方法は異なりますが、収入から費用の類を引いた所得に対して課税するという原則は同じです。
それは、いくら多額の収入があったとしても、それ以上に費用が掛かっている人には担税力がないからです。

国税庁の論理だと、パチンコの場合は当たり玉だけが費用になるのだろうか?
例えば、五万円投入して、1玉が大当たりして3万円の配当があった場合(その他はすべて外れたとする)、
収支はマイナス2万円だが、3万円から当たり玉の代金4円を引いた2万9996円に対して税金がかかるということでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる