ここから本文です

幕末期、紅茶が嗜好品のイギリスで日本茶が普及しなかった理由は?

hid********さん

2007/2/1211:25:41

幕末期、紅茶が嗜好品のイギリスで日本茶が普及しなかった理由は?

幕末期、日本は、外国と条約を結び交易を始めました。はじめの頃、イギリスとの交易品は、日本茶、海産物(干アワビ)を輸出し、綿布、毛織物、石炭を輸入していたようです。紅茶が嗜好品のイギリスで日本茶はなぜ、普及しなかったのでしょうか?

補足当時、確かに日本は捕鯨、補給基地として地理的に必要でした。それと、産金国、産銀国としても有名でした。

閲覧数:
1,246
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2007/2/1214:50:02

17世紀にオランダやイギリスが輸入していたのは緑茶だったといいますが、
19世紀後半(幕末期)に既に紅茶が嗜好品として定着したあとでは、
もう日本茶(緑茶)の入り込む余地はなかったのではないでしょうか。

多分彼らにとって、日本茶が紅茶よりおいしいものとは思えなかったに違いありません。
日本茶は保存状態のいい新鮮なものがおいしいと思いますが、
当時は日本茶を新鮮なまま輸送することもできなかったと思います。
長い航海中に緑茶が変質(発酵)して紅茶になったという俗説もあるくらいですし。

ミルクや砂糖を入れて飲む紅茶がもう生活に欠かせない日常の飲み物になったあとでは、
全く別の飲み物(日本茶)が普及することは難しいように感じます。
たぶん紅茶と日本茶とでは、同じお茶といっても全く別の飲み物としか認識されなかったでしょうから。
イギリスの食べ物に紅茶より日本茶がマッチするとも思えません。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gro********さん

編集あり2007/2/1213:36:51

これは、理由が分かりづらいですよね。

イギリスは清に対して当初輸入超過で、これは完全に茶が原因です。後に阿片を無理矢理売ってバランスを保ちますが、基本的な姿勢として極東は西欧の利権の場という感覚があったでしょう。嗜好品として茶が爆発的に人気を博しますけど、これによる中国への一方的な金銭の流れは基本的な姿勢として本末転倒と言える、かな。

じゃあ日本で上のことが起きなかったのは何故か、分かりづらいですが、少なくとも日本に中国ほどの魅力はまずなかったと言えるでしょう。連中が日本に求めたことの1つは、捕鯨基地としての場です。大体あの大きな中国とこの小さな日本に同じ利権を求めるのは土台無理ですよ。あとは、アーネスト・サトウなんかの回想録を読むと、当時のイギリスの全権オールコック(だったっけ?)なんかは当初清にやったような恫喝外交でいけば、同様の結果が得られると考えていたものの、実際中々そうはいかず、方針転換をしたりして、ちょいと勝手は違ったようです。また、清での利権に先鞭をつけたのはイギリスですが、これに対して日本では、やはりイギリスが最も大きい権利を持っていましたが、条約は米英露仏という4強があり、互いに牽制しあい、一国の独走を許さない土台がありました。こういうところは、例えば阿片戦争を日本に強いることを避ける要因になっていたと思いますね。

英仏は薩長と徳川に互いに分かれて利権を求めますが、ここで見られるのは道義的な外交ですよ。後に政府になるであろう一方に思惑を巡らせ肩を担いで恩を売って、利権の第一等を得ようという感覚でやっていて、そうなると、やっぱり阿片戦争に結びつく貿易はやらないでしょう。日本も、少なくとも志士的運動の高まりの底流に阿片戦争の危機が明確にありますから、茶には相当敏感だった気がします。

結局、阿片を無理矢理売りつけねばならないほどの大量の茶に匹敵する産出量はまず日本になかったこと、次いで仮にイギリスに日本茶の一大流行が訪れるくらいに嗜好品としての茶の輸入をしたとき、ここに輸入超過を回避して日本に何かを買わせることは、当時の日本に対する外交方針からすれば、これは矛盾しそうな気がします。

まあ、よく分からないけど、清と同じとして見られなかったことは、案外大きい気がします。

○補足
すみません。上の人のをあまり呼んでいなかったですが、日本と中国は茶の輸出競争をしたんですね。知らなかったです。そうすると私の言っていることは少し変かもしれません。
また、日本茶の味としての理解が得られなかったというのも正しいと思います。
なんかすみません。

ina********さん

2007/2/1211:45:36

当時のお茶の主要な輸出国は中国でした。
後に中国と日本はお茶の輸出で激しい競争をしましたが、幕末の時点では中国が遥かに勝っていました。

kou********さん

2007/2/1211:37:43

紅茶式に100度沸騰したての湯で日本茶を入れられたのでは、まずかったんじゃないでしょうか?

また、水の質が硬水、軟水の違いもあり、イギリスの水じゃ、だめでしょうね。

それを分かって輸入しなかったのか、また、あの繊細な香りや味を当時の英国人は理解し得なかったんでしょうかね・・。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる