ここから本文です

カネミ油症の被害者とその二世、三世に様々な症状が出ていますが、国は認めません...

kur********さん

2013/5/2600:12:53

カネミ油症の被害者とその二世、三世に様々な症状が出ていますが、国は認めません。救済の壁は何ですか?

補足http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/f3/01/mimi12wondergirl/folder/9...

閲覧数:
1,137
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kan********さん

2013/5/2600:30:48

公務員組織の腐敗と恵まれ過ぎた待遇が公害問題の本質
だと思います。
公害問題は本来これを規制し、加害責任を追及しなければ
ならない立場の公務員が、企業や政治家と癒着し、権限と職務
を放棄しました。
その結果、日本は裁判所すら機能しない法治国家とは到底名乗れない
国になってしまいました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

s20********さん

編集あり2013/5/3111:45:37

父親が油症被害者でした
救済の最大の壁はダーク油事件の際に農水省の担当者が保健所などに
連絡する義務はなかったと裁判で認定されてしまったことです
そのため法的には食中毒として扱われています
カネカは和解成立の際に当時の原告に300万円を支払って和解とし
以後一切金銭的要求をしないとして和解しています
しかし公判終了後に認定された患者には一切支払いをしていません
カネミ倉庫も医療費支払いが継続する限り和解金500万円に関して強制執行しないとする規定があるため貰えるあてはありません
今年から毎年5万円は払うようですが゛元金だけで100年かかります 金利入れれば今後無利息にするとしても200年後です
実質カネミ倉庫の医療費支払資金は国が預けた政府保管米の預託料です
実質的には国が払っているようなもので゜す
詳しくは下記をご覧ください
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n21075

ww2********さん

2013/5/2602:04:36

今日、NHKの放送でカネミ油症事件のことについて番組をやっていましたね。
ぼくも見ました。
カネミ油症事件の10年後に、同様の油症事件が
起きた台湾では、油症患者の子供たちは全員認定されていて、
医療費も全額補助されているのにも関わらず

日本においては、自治体の行政も加害企業も国の官僚も政治家もまったく動いてなくて
未だに、多くの苦しんでいる被害者を油症患者と認定しない方針で
「情けない!」
の一言です。
日本の恥です。

事件を起こしたのは、カネミ倉庫ですが、塩化ビフェニルを製造してたのはカネカです。
カネカは最近も、テレビCMで「化学で願いをかなえる会社」とか宣伝してますね。
なにが、「化学で願いをかなえる」だ?
って思います。
まずは、自分らが起こしたことにしっかり償いをしたらどうだ
と思います。
混入事件を起こしたのはカネミ倉庫ですが
国内で初めて食品製造用の薬品としてPCB(塩化ビフェニル)を製造した化学企業として
カネカにも安全管理責任がありました。

国はいつでもそうです。
原爆被害者でも
水俣病でも
油症患者でも
被害者全員に認定を与えるつもりが全然ないのです。

官僚には志がないのでしょう。言われたことだけやってれば給料が入るからそれだけなのです。
政治家のほとんどは、票集めのためにうわべで動く人間です。
本当に志があり、正義で動く人間もいますが、そういう人間は
政治家であり研究者であり、みな潰されてしまいます。
本来、政治家のやる仕事は、被害者に一刻も早く償いをすること
企業に償いをさせることです。
なのに、日本では政治家は官僚はどっちの側に立っているのでしょうか?

この現状をどういうつもりなのか、公開処刑みたいに、公開質問で官僚や政治家に
時間制限無しで国民から質問責めにしてみたいものです。

台湾のほうが余程まともなんだなと思いました。

日本の官僚や政治家、情けないですね。

「救済の壁」ではなく、「償いをしてもらえないのはなぜか?」ですね。

なぜか?

官僚や政治家に正義のある人間がほとんどいないからでしょう。
だから、あんな誤魔化しの「救済法案」を国会で可決できるのです。
全然、被害者のことを考えてなくて、やってるふりだけしてる連中です。

どうすればいいか?
国民が被害者が研究者や弁護士を味方につけて一緒に行動、運動することです。
研究者も、この事件について、ただ科学研究に終わってはいけません。
それでは意味がないのです。
2世、3世への影響が科学的に証明できたのならば、
それを武器に、研究者自らが被害者と共に
国へ企業へ官僚へ、そして最終的には総理へ
いったい、この現状はどういうつもりなのか?
と、公開処刑のように、公開質問しなければいけません。
問い詰めなければいけません。納得の答えを言うまで。

本来なら、国民の代表者たる政治家が、その仕事をしなければいけないのです。
しかし、今まで、放置してきたのが事実です。

NHKについては、今回の「カネミ油症事件」の番組制作、放送は評価できると思います。

しかし、一番肝心な部分、つまり「加害企業や国や官僚に問い詰める」部分が
なかったのが残念です。
番組の最後にでも、厚労省か総理へNHKとして、この事案についての質問状を出して
それについての回答を放送してもよかったと思います。

嫌というほど問い詰めなければ、政治家も官僚も痛くも痒くもないわけです。

情けないですが、今まで問題を認識してたのにも関わらず放置してきたのが事実なのですから

そうでもしないと、動きもしないのでしょう。

ぼくも直接、総理へ質問をする術は持っていませんが、

知り合いの国会議員を通じて、質問状を総理へ出してみたいと思います。

回答はなくとも、なにもしないよりはマシかなと思いますし。



結局のところ、政治家が動かないと、今の官僚は、自分たちで動けないのかもしれませんね。
それかやる気がないのか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる