ウォシュレット給水管接合部からの水漏れ

ウォシュレット給水管接合部からの水漏れ トイレのウォシュレットに給水している管の,ウォシュレット本体との接合部から水漏れします. その給水管の端部がつば状になっていて,ウォシュレット本体部の接合部ネジの断面に突き当てて,袋ナットで締めて結合するもの. 水道や曰く「つばが潰れてくると水漏れするんですよね」と言っていました. 現在,止水テープで応急処置をしてありますが,一日で20ccほど漏れます. この給水管は古いモノで製造中止になっています. 給水管の接続部は一般的な分岐金具だと思いますが、汎用の給水パイプって売っているんでしょうか?それがウォシュレット側に付くかどうかが問題ですが。TOTOの1989年製ウォシュレットです。

補足

ちなみに中古でマンションを購入したので,このあたりは交換しないとダメなのでしょうかねぇ.

DIY28,768閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

3

ウォシュレットを含め、トイレの施工、修理をしている回答者です。 現在販売されいるウォシュレットの給水管は、トイレ掃除の際に便器本体からウォシュレットを取り外すことができるように柔軟性のある給水管を使用しています。 よって接合部分に負担が少なく、水漏れ等のトラブルは格段に少なくなっており、また、修理点検の際、給水管を含め、接合部のパッキンもTOTO以外の汎用品でも使用できるようになっています。 質問者のウォシュレットの場合、便器と固定されており、メンテナンス以外では取り外す事はできません。よって金属製の給水管を使用しているのです。 水漏れの件ですが、水道工事業者がつばが潰れて水漏れすると言う話は聞いたことがありません。通常の使用で、自然劣化によるこのような漏水事故は通常発生しません。 漏水原因は給水管そのものの原因ではなくて、袋ナットの中にあるパッキンの劣化による水漏れと考えます。 TOTOの場合、この頃のウォシュレットの給水管は、分岐水栓、パッキンを含め、専用部品となっており、一般に市販されていません。 質問者は「給水管は古いモノで製造中止になっています」と仰っていますが、これは水道工事業者の話ですか、それともTOTOサービスマンの話ですか? ウォシュレット本体の補修部品なら年式を考えると、修理不能は考えられますが、給水部品に関しては、メーカーは簡単に製造中止にしないはずです。 一度、依頼した業者ではなく、TOTOサービスセンターに相談してはいかがですか? その地区担当のサービスマンが自宅に伺い、修理の可否、修理費の説明してくれます。 それから、質問者のウォシュレットの使用年数を考えた場合、、買い換えも検討の余地があります。18年も使用していれば、パッキンの他、本体内部の劣化もかなり進んでいると思いますので、今は本体に問題が無くても、これから修理を重ねることになるかもしれません。 修理をして使い続けるか、年数を考えて買い換えるかの判断は質問者次第です。 TOTOホームページ http://www.toto.co.jp/ 問い合わせは 0120-1010-05 年中無休、関東甲信越地区は8:00~20:00 それ以外の地区は9:00~20:00迄受け付けています。

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 さっそくサービスセンターに電話してみます。

お礼日時:2007/2/14 10:41

その他の回答(1件)

0

18年近くもお使いのようですから、そろそろ買換えをされては? 給水管式のものは最近見かけないですし、メーカーでも取り寄せは不可能でしょう。 でもよく今まで壊れなかったですね!あっぱれ!!