ここから本文です

アフリカ東部および南部で数百万年前に発生した火山噴火と地殻プレートのずれによ...

lon********さん

2013/5/2722:57:16

アフリカ東部および南部で数百万年前に発生した火山噴火と地殻プレートのずれによって形成された岩だらけの地形が、われわれ人類の祖先が二足歩行を始めるきっかけとなった可能性があるとの研究論文が24日、

英考古学専門誌アンティクィテイ(Antiquity)に発表された。

というニュースですが、進化論を信じている連中にとっては、突然変異による陸地を歩けるのようになった猿だけが生き残って、それが人間に進化していったということでよろしいんですかね?

そうすると、少なくとも、雄と雌の二匹ずつが突然変異しないと、繁栄し子孫が生き残れないように思うんですがね。

そして、突然変異した生物ほど生殖で子供が生まれ難いし、健康に育つとは到底思えないんだけどね。

ずっと木の上で生活していた猿がいくら環境変化により必要に迫られて森を降りざるを得なくなったといえ、突然変異以外、チンパンジー並みにでも歩けるようになるとはと到底思えないしね。

閲覧数:
176
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ave********さん

編集あり2013/5/3005:58:08

いや、突然変異が雄と雌の二匹に起こらなければいけない理由は全くありませんよ。

遺伝子は「遺伝」子ですから当然遺伝によって子孫に伝えられます。
その突然変異で得られた遺伝子が子孫を残すのに有利であれば、その変異遺伝子を持った個体の種内の占有率が増えます。

こういった変異と占有の積み重ねで次第に種集団全体の遺伝子が変化していって進化となるのです。

性決定遺伝子以外は雌雄に関係無く次代に伝わります。

進化は世代を越えて少しづつ連続的に起こります。
あなたは進化が一代で起こる現象だと勘違いしているようですね。

また、突然変異といっても単にそういう個性を持ったにすぎないので子供が生まれにくくなるということはありません。

また、突然変異があっても普通に健康に育ちます。

どうも進化論を否定する人は突然変異の全てが遺伝病だと思い込んでいるようです。

突然変異と言うと何か特別なことでもあるかのように思ってしまうのでしょうが、突然変異は事実上、全ての個体に存在します。

人間が10人いれば10人ともそれぞれの突然変異を持つのです。

だからこそ事実上、全ての人でそれぞれ遺伝子か異なり、10人兄弟でも一卵性双生児等でも無い限りそれぞれ別々の個性を持つのです。

あなたは子供に親とは違う個性があることは有り得ないと思っているのでしょうか?
また、親と子では例えば骨髄のタイプ等は完全一致すると思っているのでしょうか? 大笑いですね。

というか、猿が陸地を歩けないと思っている時点ですでにアウトですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる