ここから本文です

生後3ヶ月の娘が川崎病(冠動脈障害あり)で入院したときの支払いについて質問です。...

red********さん

2013/5/2817:11:27

生後3ヶ月の娘が川崎病(冠動脈障害あり)で入院したときの支払いについて質問です。

『保健所で乳幼児慢性特定疾患の申請をしたら、申請した日からの治療費は支払わなくてすみます』と主治医

に言われ、申請をしました。

3週間程入院し、退院時には支払いはなく、1週間後の外来でまとめて支払いがあったのですが、限度額適用認定証を提出し、外来3000円程度、入院費8万3000円ちょいぐらいの合わせて約8万6000円の支払いをしたのですが、領収書が外来の分しか記載がなかったのですが、なぜなのでしょう。

そして、入院費は支払わずに済むと主治医から聞いていたのに支払いがあったのはなぜなのでしょう?

還付されるのでしょうか?

乳幼児医療費助成を申請したくても領収書に記載がないため出来ないのでしょうか?

仕組みが分らないので教えて頂けると有難いです!

閲覧数:
1,245
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kap********さん

編集あり2013/5/2822:40:08

制度が違うかもしれませんが……

『・・・「保健所で乳幼児慢性特定疾患の申請をしたら、申請した日からの治療費は支払わなくてすみます」と主治医・・・』

「乳幼児慢性特定疾患」・・・「小児慢性特定疾患」では?
有効期間の開始日は、役所や保健所が申請書類を受け付けた日となりますが、受診券交付申請中で受診券が届くまでの間に、対象疾患で医療費の支払いがあった場合は、後で自治体に助成分を還付申請します。


『乳幼児医療費助成を申請したくても・・・』

名称は自治体で異なるのですが、「乳幼児等(こども)医療費助成制度(仮称)」・・・等の制度ですよね?
自治体によって有効期限の開始日が違います。
だいたいは、『・・・出生や転入などによる申請の場合は、出生日や転入日の翌月の同日までに申請があれば、月が変わっても助成資格の開始日は出生日や転入日になります・・・』となっており、皆さん、普通は申請済みかと?


還付されるものはあると思います……
・「小児慢性特定疾患」(認定基準・所得区分あり)・・・認定されれば、還付されます。
例えば「前橋市」
http://www.city.maebashi.gunma.jp/kurashi/42/60/66/p002156.html
「小児慢性特定疾患医療給付について」-「9.医療費の還付」

・「乳幼児等(こども)医療費助成制度(仮称)」(所得制限あり)・・・入院医療費として支給されます。
例えば「大阪市」
http://www.city.osaka.lg.jp/kodomo/page/0000002420.html


両制度とも、自治体によって違いがあるので、在住自治体で確認してください。
特に「乳幼児等(こども)医療費助成制度(仮称)」は対象年齢や、助成内容が異なります。


『・・・領収書が外来の分しか記載がなかったのですが・・・』
まったく解りません……病院で確認を……


お大事にしてください。

質問した人からのコメント

2013/5/28 23:21:45

感謝 すごく分かりやすく細かく回答して下さってありがとうございますm(_ _)m!!

スッキリしました★
領収書の件は病院に確認してみたいと思います!
ありがとうございました(^^)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる