ここから本文です

中2 理科です 「分子からできていない物質」というのはどういうことですか? ...

txf********さん

2013/5/2817:48:33

中2 理科です

「分子からできていない物質」というのはどういうことですか?
例が銀と塩化ナトリウムになっているのですが、
分子はいくつかの原子が結びついた粒子のことですよね?

銀は同じ原子がたくさん集まっていて、
塩化ナトリウムは塩素とナトリウムで出来ているので
分子からできていないのでしょうか?

簡単に教えて頂けると嬉しいです<m(__)m>

閲覧数:
6,971
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sch********さん

2013/5/2818:50:52

簡単に言うと、原子の結びつき方が違うのです。

分子は、原子同士が共有結合という結びつき方をしています。
これについては詳しくは高校で習いますが、電子が原子の間で接着剤のように原子を結びつける役割をしています。この電子は接着剤なので当然自由に動けません。

金属は、たくさんの原子が集まっていて、その中を電子が自由に動いています。自由に動けるということは共有結合とは違う結びつき方をしているということです。(これを金属結合といいます。)

塩化ナトリウムは、塩化物イオンCl-と、ナトリウムイオンNa+がたくさん結びついています。原子ではなくイオンが集まっているので、分子にはなりません。イオンはマイナスの電気をおびた陰イオンと、プラスの電気をおびた陽イオンがありますが、この2つが磁石のN極とS極のようにひかれあって結びついています。(これをイオン結合といいます。)

難しければ、「金属原子は分子を作りにくい」と覚えておきましょう。
中学レベルならそれで十分です。

質問した人からのコメント

2013/5/28 21:18:57

笑う 二人とも有り難うございます!
ちょっと難しいのでそう覚えておきます^^

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hot********さん

2013/5/2818:45:44

塩化ナトリウムは塩化物イオンとナトリウムイオンがイオン結合によって結合してできています。

銀は、銀原子が金属結合によって結合してできています。


分子は、例えば水ですが、水素二個と酸素一個が結合して、一つの分子となっていますね。
でも、塩化ナトリウムは塩化物イオン、ナトリウムイオン、塩化物イオン、ナトリウムイオン、塩化物イオン…と次々に連なっていわゆる一つの結晶になっており、塩化ナトリウムという塩素とナトリウムが一個ずつくっついた分子の形にはなっていません。
これが、塩化ナトリウムが分子とは呼ばれない由縁です。
化学式ではNaClと書きますが、正しくは(NaCl)nなんです。

銀も同様で、たくさんの銀原子がくっついて一つの銀になっています。


…ちょっと分かりにくいですかね?
質問あったら補足でお願いします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる