ここから本文です

京都の女性は和服を着るとき、ノーパンにする方が多いというのは本当ですか?

rj480zさん

2013/5/2818:19:04

京都の女性は和服を着るとき、ノーパンにする方が多いというのは本当ですか?

補足それでは江戸時代の女性はどのように和服を着ていたのでしょうか?

ノーパンで和服を着ることは非常識なことではないと私は思いますがいかがでしょうか?

最近の若い女性はロングスカートをはくときにノーパンにする者がいるというのは本当でしょうか?

この質問は、女性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
13,825
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

n4ub27さん

リクエストマッチ

2013/5/2818:24:45

着物を着るときにノーパンは結構普通らしいですよね。理由は線が見えるからです。しかし、さすがにノーパンはキツい…という場合は、ストリングタイプの下着を履きます。いわゆるTです。

質問した人からのコメント

2013/6/3 01:04:16

成功 回答ありがとうございます、回答者の方々の「ノーパン」という言葉の定義が違うので混乱しました。

「着物 ノーパン」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/6/212:04:49

あまりに股上の深いショーツだとトイレに行くときに不便なので、少し浅めのショーツにします。紐やTバックが便利ですが、「着物用」と思っても、抵抗のある人も多いので「股上の浅めのショーツ」を履くことが多いです。

江戸時代まで遡ると詳しくはわかりませんが、私の年代(40代)は、子どもの時は、いわゆる「グンゼのパンツ」のまま着物を着ており、それが不便であることを体感するので、成長するにつれて、徐々に、股上は浅いもの・・・となっていきました。

bezeiennさん

2013/6/112:23:56

ショーツをはかないとか言うのは、和装のこだわりや着こなしの技量ですから…


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210810906...

cmeqxa283さん

2013/5/2917:11:12

和装用の下着はありますが…?それを着用しないと、着た後すぐに洗いはりに出さなくてはいけませんが?

洋式のショーツを着用するなら通称ふんどし(サイドが紐のTバッグショーツ)でしょうね。


※自作自演はやめよう
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1199628371


※勤務先では真面目にしよう

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410793576...


※きちんと定職をもとう
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410716859...

プロフィール画像

カテゴリマスター

eye0000000000007さん

リクエストマッチ

2013/5/2822:53:00

ウケ狙い?ウケ狙いなんですか?

2013/5/2821:17:08

うそwwですww
昔でも和装下着を着てますww
京都だろうが他の地域だろうがおなじ。
あえて言うなら、昔の売れっ子芸者ら「和装下着」つけてた程度。
ついでにショーツきてないから火事に逃げ遅れたっていう昔の高島屋の会見も実は明言された証言がありません。
当時の西洋ショーツの販売の為に、火事の記者会見を利用しただけです。
商魂たくましいですがww
昔もブラショーツの洋装下着を提唱しただけで、しっかり普段は和装下着をつけてます。
今の下着は超こだわってる人なら、和装下着か洋装下着が響かないTバックとかですww
むしろ、ちゃんとしてる人はウエストにタオルを巻いてるから、脱がすと色っぽくないww
まぁ俗っぽい方が噂は広まるから、男のロマンってやつで未だに言われてるんでしょう。
あなたが女性なら、むろん、彼氏の為以外は期待に沿わなくて構いません!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。