ここから本文です

トランジスタの出力特性について

dsm********さん

2013/5/2823:34:23

トランジスタの出力特性について

IcはどうしてVceが一定の値を超えた時点でほぼ一定になるのでしょうか?
ここで
Vceはコレクタ-エミッタ間の電圧
Vbeはベース-エミッタ間の電圧
Icはコレクタに流れる電流
になります。

考えても分かりませんでした。参考URLなど頂けると助かります。

エミッタ,コレクター,エミッタ間,トランジスタ,電圧,コレクター電流,VBE

閲覧数:
6,984
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ryu********さん

2013/5/2909:27:21

それを【飽和】と呼びます、

・コレクタ電流の変化が無くなる箇所で使うのはスイッチング回路位です、

・普通は、ベース電流が流れてコレクター電流が流れ始める時からコレクター電流が一定になる(飽和する)間を応用します

・早い話が何でも限界と言う事がある!と言う事です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

編集あり2013/5/2914:13:10

BJTの能動領域は通常使う領域です。飽和領域は使いませんね。

BJTで、Vbe=0ではC-B間は逆バイアスになるので、Vceによって電流はながれない。
gところがVbeによってベースからキャリア(npnでは電子)がベースからコレクタに流れ込む。
この量はVbeによって決まる。つまり、Vceに依存しないIcが流れる。
しかし、Vceが小さくなるとkの機構が成り立たなくなり、IcはVceに比例してさがっていく。

くわしくは
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%96-%E5%8D...
参照して。むずかしいよ

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる