ここから本文です

FX、株で生計を立ててる方でパチプ、スロプ上がりの方っていますか? 僕はパチ...

huruhatazamonさん

2013/6/119:08:21

FX、株で生計を立ててる方でパチプ、スロプ上がりの方っていますか?
僕はパチニートだったんですが(クズデスイマセンw)
いやーFx難しいですね、その点パチは楽でよかったな~って最近しみじみ思いますよww

だって打つ前からある程度の期待値は予想できるし
打つのなんて只の確認作業みたいな物ですもんね。
機械相手ですから感情的になってもたいした影響ないですし
なにより期待値という絶対的なものがありますしね。
トタールで勝ってるやつ、負けてるやつは一言で片付けられますし
勝ってるヤツはみんな同じことをやってるわけですから、期待値さえ信用できれば、誰でも勝てますよね。

その点相場って、勝ってる人達の手法は様々
共通点があるとするなら皆が、期待値を追ってるぐらいでしょうか?
で勝ってる人たちと言うのは、皆自分の手法だったり自分自身を信用してるんだと思います。
なぜ信用できるか?
それは結果がついてきているからだと思うんですよ。

もちろん負けるときもあるでしょう、でも自分自身を信用してるわけですから
余計なことはやらないし、ただそれを機械的にやればいいだけです。
只僕には自分自身を信用することは出来ないんですよ。

う~ん結局別れ道はここなのかなって最近思います。

取引を始めて一ヶ月(もちろんその前から勉強してました。)
安定して負けてますww

いや~負けるのは別にいいんですよ、たった一ヶ月で勝てるようになるとは思っていません。
ただね僕が残念なのは、取引してる人達の顔が見えないんですよ。

なにを思って、上昇してるのか?下降してるのか?どこにストップが溜まっているのか
、どこで利食うのか、どこで値が走るのか?、いまどちらのポジションに偏っているのか?
見えないんですよ、、、

只正確には見えないわけではないんです
今ラインとローソク足で取引してるんですが(それが基本で一番重要な物だと思うから)
ラインの近くのみならなんとなく思惑が伝わってきます。

只それが本当に正しく引かれたラインなのか、取引してる人達の感情を正確
に汲み取ることができたのか、判断が出来ないんです。
いや負けてるわけですから間違った考えの可能性のほうが高いですね。

僕には師と呼べる人はいません、なので正しのか、間違っているのか自己判断で行われなければなりません。
自己判断ほど不正確なものはないと思います。
だから結局は結果で判断するしかないんですよ。

う~ん、結局僕は何を聞きたいのでしょうかww

多分、取引してる人達の感情を正確に汲み取るようになるには、
どうすれば、何を勉強すればいいですかってことだと思います。

文字数に限界がきたのでそろそろ、、

(元パチプを限定したものではありません)

閲覧数:
662
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/6/212:49:40

>取引してる人達の感情

もしかしたら、知恵袋で使われてる「心理」や「感情」という言葉は、その言葉を使う人によって「使い方」が違うのではないかと思います。

あるいは、一部に相場における心理や感情の概念に誤解があるのかもしれません。

私はいつも「事情」が値を動かしていると述べています。
もっと正確に言うと、市場参加者の立場がもたらす事情によって、心理や感情は違ってくると思うのです。

事情というのを最も端的にあらわすのは、資金の性質です。
長く保有するのか、短く保有するのか。
あるいは保有せずに日計りなのか、もっと短い売買なのか。
ということです。

短い資金ほど、レバレッジが効くわけですから、売買量が大きくなります。
長い資金ほど、売買量は小さくても、仕切るまでに時間がかかります。

したがって、短期の上げ下げは、短期筋が、
トレンドは長期が作ります。
この点に関するメカニズムは、矢口新さんの生き残りのディーリングをお読みいただくと合点がいくと思います。

私はトレンドラインに関して、次のような一側面があると考えています。
トレンドラインは、その時間枠における長い資金と短い資金の市場への出入りを計る物差しであるということです。


トレンドラインに沿って上げ下げするのは、トレンドラインを引いた時間枠における短期資金が形成し、トレンドラインをブレイクするときは、当該トレンドラインを作った比較的長い資金がエクジットしたことを意味します。

ある一定の期間、上手くいっていたトレンドラインのブレイクがある日突然機能しなくなったのは、そのトレンドラインを形成していた筋が変わったか、もしくは長さが異なる資金を運用する新規参入者が現れたかどちらかであることが多いです。


トレンドラインの背景には、単純化すれば、以上のような構造が存在すると私は考えています。

ですので、トレンドラインで売買する際には、
「短期筋の損切り」

「TLを作った比較的長めの筋の利食い」
という流れによって、値幅がとれることになります。

その後、再び、TLが形成されるような比較的長めの筋がエントリーし、それに沿って短期筋が支持線で買い、抵抗線で売るわけです。


ここまできて、ピンときたかもしれませんが、
心理や感情を推察するときは、
(1)市場参加者の立場や
(2)市場の構造
などを踏まえたうえでおこなってこそ、意味があるのです。

その上で、
(A)ポジションの偏りはあるのか
(B)ストップはどこに溜まっているのか
(C)偏ったポジションはどこで解消されたか
(D)溜まったストップは舐めたか
などをチャートから推察します。


売買が上手い人が、この知恵袋でも何人もいますが、回答を見ていますと、単純に、完結に書いておられますが、ほとんどの人が、市場の構造を踏まえて語っておられます。


つまり、市場を構造的に認識しているからこそ、いろんな局面で安定して勝てているのではないか、と私は思うのです。

質問した人からのコメント

2013/6/8 17:32:13

皆さん回答の方ありがとうごさいます。

特に氷の惑星の回答が身にしみたのでベストアンサーにしたいと思います。

市場参加者の立場や構造を踏まえたうえで、心理や感情を意識するのが大事ということを理解することができとても為になりました。

感謝です(^^)

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

micocoro1977さん

2013/6/217:57:28

わたくし自身のことでなくて申し訳ないのですが、私に投資を教えてくれてる方と
そのご家族がパチンコや競馬で生活していた時期があります。

お二人とも、「使うのはここまでという金額を決めて必ず守ること、優位性、確立のたかいところに張ってるだけ」と言います。

それはパチンコや競馬や麻雀も、為替も株も同じだとおっしゃいます。


つきつめたらそうなるかなと、最近ようやくわかりはじめました。

astrsk_3fさん

2013/6/212:17:15

バックテストはどうでしょう。過去のチャートはもう
変わりようがないわけですから、ここで自分が利益を
上げられたであろうという事が解れば自信に繋がります。

ここでしっかり売買ルールが構築でき、遵守できれば
フォワードテストも同様に(近く)なると思います。

2013/6/121:29:43

期待値という絶対的なもの?
期待と絶対は全く違うものだと思いますが…。

1ヶ月ではまだまだ勉強不足だと思います。
自分は3ヶ月毎日勉強し、半年後にFXの法人化させました。
毎日、チャートを見て研究すれば
それなりに見えてくると思います。
それでも分からないのであれば、FXは辞めた方が身の為だと思います

「万枚出したー」とか言って写メ撮ってるいかにも頭の悪そうな連中がいますが
FXなら数時間でそれ以上勝つ事が出来るので
勉強する事をオススメします。

期待値という絶対的なもの?
期待と絶対は全く違うものだと思いますが…。...

2013/6/121:00:11

自信がないのなら取引額を小さくして、しばらくやってみては。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。