ここから本文です

自転車のスピードメーターとエンジン付き車両のスピードメーターの差異について。

y_1********さん

2013/6/214:54:36

自転車のスピードメーターとエンジン付き車両のスピードメーターの差異について。

ロードバイクで道路を走っていると、原付は自転車のスピードメーター読みで33km/h、車やバイクなどは同じ条件で44km/h・55km/hなど、エンジン付き車両は制限速度+制限速度の1割を足した速度で走っているのが多いような気がするのですが、エンジン付き車両のスピードメーターってこのようにできているのでしょうか?
このように走っているエンジン付き車両があまりにも多いので故意にやっているようには思えないのですが・・・
ロードバイクで走るときはできるだけ他の車両の迷惑にならないように、流れに乗って(他の車両と同じ速度で)走っているのですが、エンジン付き車両ではメーター読みで制限速度なのにもかかわらず、こちらはいつも+αの速度が表示されてなんとなく抵抗感があるのですが、ロードバイクはどちらの速度を守ればよいのでしょうか?
ちなみにロードバイクのスピードメーターはGPSとアナログ式の両方を使っているので測定に誤りがあるというのはほとんどないです。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
422
回答数:
9
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rak********さん

編集あり2013/6/215:05:46

自転車には法令での速度制限はありませんが・・・。

車・バイクが制限速度+10km/h以内で走るのは、速度オーバーは10km/h以上から検挙されるからです。スピードメーターがどうのこうのと言う問題ではありません。

あなたが安全に走行できるのでしたら、スピードメーターに関係なく、50km/hでも60km/hでも出したらいいんじゃないですか?。パトカーに出合ったら、安全でないと注意されるとは思いますが・・・。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

asa********さん

編集あり2013/6/218:21:12

自動車の速度計が40.0Km/hのときに、実際の速度(スピードメータテスターの値)が下記の数値であればよい。
平成18年まで製作車=31.0~44.4(Km/h)
平成19年以降製作車=31.0~40.0(Km/h)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1316271798
と言う事らしいので、最近の車なら実際の速度に対する速度計の表示はプラス方向の誤差しか許されていません。
なので、正確な速度に調整してあるとわずかにマイナス方向へずれただけで車検に通らなくなります。それを防ぐためにわざとプラス方向に振ってあると思います。

要するに「スピード違反、みんなでやれば怖くない」の心理で走っているのでしょう。

agr********さん

2013/6/217:54:15

エンジン付車両が一割増っておっしゃってますが、そんなことはないと思います。
新幹線・自転車・車・徒歩の各手段に於いてGPS受信で測定しても、すべて妥当な速度を示します。
このGPSと車載のメーターとの差は殆どありません。
なので、そんなことはないと思います。

nya********さん

2013/6/216:39:33

オートバイや車のメーターは実際のスピードよりも
多く表示される様にされています。
これはメーターでは40なのに、実際は45では取り締まる時に困るからです。
逆に、警察の白バイやパトカーの追尾時に使う取り締まり様のメターは、
少なく表示される様にして有ります。
そんなギリギリの所では捕まえませんが、実際のスピードがメーターの表示
よりも低いと困るからです。
その様に検査し、工場出荷してあります。
特に取り締まりメーターの検査は厳しく、警察関係者立会いの元一台一台
40キロと100キロ時に、誤差0~-2キロ以内くらいでした。
普通のメターは40キロ時に0~+5位まで工場では合格にしていました。

oji********さん

2013/6/215:52:38

タイヤ周長を正しく入力すれば自転車のメーターの方が正確と言えるでしょう。
少なくともマラソンの気寄りの確認には自転車のメーターを使って居ます。
自動車ではしません。
それだけ正確だと言えるのでしょう。

no_********さん

編集あり2013/6/215:31:58

自分で車検を通した事があれば知っている事なのですが、車検では時速40km時の±10km以内は合格です。
これはタイヤの空気圧や指定タイヤサイズの幅に対応する物で、これが在るから速度違反検挙は15km/h以上超過しないと検挙しません。
計測方法は回転するドラム上にセンサーの付いた側の車輪を載せて、ドラムが回ってスピードメーターが40km/hに成った所で申告ボタンを押します。
事前にメーター誤差を把握していると、たとえメーター誤差が大きくても合格できてしまいますね。

その点タイヤ外周長を入力するサイクルコンピューターの速度表示は正確ですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる