ここから本文です

高校一年野球部です。 先日打撃練習をしていたのですが打球を打った瞬間左肩(...

yor********さん

2013/6/423:18:06

高校一年野球部です。

先日打撃練習をしていたのですが打球を打った瞬間左肩(右打ち)に激痛がはしりその後、肩はだるい感じと若干痛みがありました。
しかし痛みは10分ほどで引きました。打球を打つと必ず激痛が

はしるわけではなくたまに痛みがきます。

また痛くなった十分以内ではなく、普段素振りでは軽い違和感を感じます。

ティーバッティングは全く問題なくできます!!!

肩を上げることはできますが若干痛いです。

腕立ては余裕にできます。

ただの疲労だといいのですが、脱臼とか大きなけがなのですか?

なぜ痛みが出るのか、また今後の対処法を教えてください!!!!

補足打球はレフトよりです!

痛みは一瞬なのでどこが痛いかとかはわかりません

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
4,126
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nor********さん

編集あり2013/6/501:11:44

今、湿布していますね、、痛みがあったときは、先ず冷却です、、
痛みが走った処(覚えていない、若しくは今、痛みが無ければ触って熱を持っている処)は肩のどの辺りでしたか
左肘の既往歴はありませんね、、
痛みが走ったとき、打った打球はどんなコースでしたか?
ーーーーー
判りました
「腕を上げると痛い」ことと併せて考えると、恐らく、「肩の上か前のじん帯」の可能性が高いです、、
恐らく、無理な力が左肩に掛かり、通常の動きが出来なくなった上腕骨を含む周囲の骨の何れかが、関節を包むじん帯か、神経を圧迫したものかと思われます、、

肩の旋回(左手で投げる動作をして腕を後ろの廻す)をして痛みは走りませんか?→走れば前、(腕側の筋肉腱の肩基部もありえまますが、、)、走らなければ肩上部ですね、、(掌を下に腕を伸ばしながら、体側に沿って上げると痛い筈です)

幾つかの運動ができることから、恐らく局所的でしょう、、
兎に角、痛めたらその部位を正しく突き止めて、暫く負担を掛けないように使わないようにすることです、(上記掌を下、、で微妙に角度を変えると判る筈です)

場所が断定できなかったり、痛みが続くようであれば先ず専門機関に診せますが、医師では湿布、痛み止めで治療は無しのケースが多いので、それらが欲しい場合は医師へ、、治療がしたい場合(我慢が出来ない、直りが悪い場合等)は接骨医の方が直りが早いようです、、

使わないようにする は具体的には
① 引っ張って打ったのであれば 肘を脇から左へズラしたり、過度に動かさないようにして肩への負担を減らす、
② 手が伸びすぎて打った(体から遠いところでたたんで打った)なら、グリップ位置を体に近いところで打つようにする、
③ すくい上げたのであれば、レベル、若しくはダウンに捉えるように心掛ける→「トスでは痛くない」ならこの可能性が高いですね、、
④ 右サイドを落として、左手を突っ張るようにして打った(ダイレクトに肩へ重みが伝わってしまった)なら、左肘をたたむ などなどですが、、
「どう打ったか判らない」のであれば、1週間位は様子見で、肩そのものを余り動かさないように打撃をした方が無難かと思います、、

ご心配の 脱臼 ですが、亜脱臼(部分的、若しくは一時的な脱臼)も含めて、通常は元に戻っても周囲のじん帯や関節胞を痛めるので(瞬間に伸ばしてしまうようです)、上記のような10分程度の回復や、腕立てなどの運動は出来ないので、現在、痛みが無いことも鑑みると可能性は低いかと思います、、

只、痛みは人によって違いますし、症状の発症の仕方も異なるかと思いますので、ご心配なら病院で診療を受けた後に、接骨院での治療を強くお薦め致します、、

野球やっていると、今回のケースのように「突発的な痛み」は必ずつき物のように起こります、、軽い場合は「練習しながら治す」ことも可能ですし、そう毎回、貴重な練習時間を割くこともできませんよね、、症状が重いときは思い切って休まねばなりません、、

何れにしても監督やコーチ、キャプテンなど指導者には隠さず云っておいた方が、その後の練習がしやすいと思います、、 私の場合は、肩脱臼も、じん帯損傷(右足、肩、左膝)も骨折(左手の指)も肉離れもやっているので、ご心配振りが良く判ります、、

(因みに、私が脱臼した時は、力が抜けるではなく、全く入らなくなります、入れた後は肩が1.5倍くらいに晴れ上がりました、骨折の場合は皮膚に青いような滲みが現れて、全く動かせません、肉離れの時も同様でした、、)

状況から、休むべきか、練習を続けるべきかの判断も難しい時があります、、

先述したように、、練習しながら治す のであれば、、「痛めた部位は見つけて使わない」が原則です、、
私同様、指導者の方々の中には、怪我の経験がある方も居ると思います、、
その人からアドバイス貰うのも1つの方法だと思います、、

とても良い質問だったと思います、、

1年生ということは、未だ練習して3け月位ですね、、

硬式、軟式に関わらず、新しい環境になって
全国には貴方と同じように怪我をして心配している生徒さんも多いかと思います、、

決して無理をせず、痛みと付き合うような気持ちで頑張ってくださいね、、

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる