個人投資家で儲けているのは10%って?

個人投資家で儲けているのは10%って? 良く言われておりますが本当でしょうか? そんなことは無いと思います。 2003年以降に株を始めた人ならほぼ100%の人が儲けているのではないでしょうか。 その証拠はこの「ど素人」の私でさえウハウハなんですから。

株式2,225閲覧

ベストアンサー

4

>2003年以降に株を始めた人ならほぼ100%の人が儲けているのではないでしょうか。 ほぼ100%が儲けているなんて有り得ないです。 自らの手数料収入優先の証券会社とか無責任なマスコミの作り出している幻想によって誘い込まれ、チャートの読み方も知らないのにデイトレというギャンブルにのめり込んだりする初心者とか、昨年のライブドアショックから始まった新興株市場のバブルの崩壊で痛手を被った人はかなり多いでしょう。 ライブドアの株主だけで20万人以上。ライブドアだけで数千億円単位の資産が泡と消えたのです。 それが証拠に知恵袋の株カテで最近最も多いと感じられる質問の一つが損失を来年度以降に繰り越す為に確定申告したいけどどうすればいいかという質問です。 それに株式相場はよい時期ばかりではありません。 確かに2003年以降に始めた人の中では儲けている人も多いでしょうが、儲けている間はやめられないのが人間です。何時になるかは分かりませんがやがて大きな下落相場がやってきて大半の個人はこれまでの儲けをすっかり吐き出すだけでなく、大きな損失を抱えてしまうことになるのです。 最近の上昇相場でも個人投資家はずっと売り越しが続いています。これはかつてのバブル崩壊で含損を抱え、売るに売れなくなっていた塩漬け株がようやく株価が回復してきたことによって放出されているからだと言われています。 結局生涯を通じてみれ10%というのがどれほど確かかはともかく、株式市場で儲けられる人よりも損する人の数の方がずっと多いのは事実でしょう。 自戒も含めて書きますが、株で儲けるなんて簡単だとか、自分は天才に違いないなんて思ったりすればそれは危険信号かもしれません。

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 その内ドカンと損するわけですね。 十分気を付けましょう。

お礼日時:2007/2/22 10:51

その他の回答(3件)

0

最近はアホでも儲かるようになったほど簡単な市場ですから、10%ということはないと思います。 その話はITバブル崩壊のときによく聞きました。なので、今とは随分違うと思います。 ただ、そんな話が出たのには、理由があるそうです。 1説では、その昔、日本人個人投資家は、自分で投資する力がないことから、 証券会社の人たちの言うことを鵜呑みにしてトレードをしていたそうです。 そんなアホな日本人トレーダーを餌としたのが、外国人投資家。 彼らによって、日本人トレーダーのほとんどが1990年頃のバブル崩壊とともに消えていったそうです。 そうした過去があって、9割の(日本人)個人投資家は失敗すると言われるようになったそうです。 ま~私はITバブル崩壊が来ても普通に儲けてたので、そんな話はどうでも良いですが。

0

たしかに私が長期運用のつもりで保有している株は2003年の約2倍に含み資産は増えています。 ただ2005年までの堅調な相場をみて、いきなり昨年から始めた個人投資家は多いと思うので、その人たちも含めるとあながち10%の勝者しかいないとゆうのは間違っていないかもわかりません。