ここから本文です

スタンダール『赤と黒』に登場するレナール夫人とジュリアンの愛について

hat********さん

2013/6/1215:35:35

スタンダール『赤と黒』に登場するレナール夫人とジュリアンの愛について

フランスの古典文学に造詣が深い方に質問です。
レナール夫人がジュリアンに抱く愛の性格を1500字程度で論述する場合、表題としてどのようなものを挙げると書きやすいと思いますか?

閲覧数:
1,419
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2013/6/1306:05:54

愛の破壊性について
奪い合う愛
愛の略取

以下はパクリですが

そして誰もいなくなった
惜しみなく愛は奪う
破壊しに、と彼女は言う

………………
私だったら
母性の希求と拒絶する母性の否定

としますが、たかだか1500字では序論にもなりませんね。

…………

レナール夫人とジュリアンの関係に「結晶作用」はふさわしくないでしょう。

質問した人からのコメント

2013/6/14 14:02:45

参考させていただきます。ご回答ありがとうごさいました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gti********さん

2013/6/1219:01:39

愛の結晶作用<これがすべてを語っています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる