ここから本文です

今、研究計画書を書いてるんですが、自分の日本語に自信が全然ないですよ、どちら...

iar********さん

2013/6/1713:36:21

今、研究計画書を書いてるんですが、自分の日本語に自信が全然ないですよ、どちら様がちょっと直してくれませんが?大変ありがとうございます。日本人理解できないところや文法が間違いましたところですね。

唐代における線で造形の発展に関する研究
唐代は、中国美術史の中の最高峰と言われている。唐代、人物画が急速な発展を得て、造形手法は伝統を受け継いだ後高度に発達した、絵画の題材と表現技法がさらに豊かになった。本論文では、唐代(紀元618年-907年) 289年間を初唐、盛唐、中唐、晩唐の4期に細分して、各時期に造形は伝統と外部国際交流の影響を受けて、審美と表現方法の特徴を研究するにより、さらに、作品調査の上で唐代における線で造形の発展に対して明らかにしたい。
課題:1、唐代の造形理論と代表画家を研究する。
2、唐代各時期に線で造形発展の特徴をまとめる。
3、東洋美術の特徴の「線で造形」に対して深く理解したい。

閲覧数:
318
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kah********さん

編集あり2013/6/1810:37:08

唐代絵画における線による造形手法の発展に関する研究
唐代の絵画は、中国美術史の中の最高峰といわれている。唐代、人物画が急速な発展を遂げ、造形手法は伝統を受け継いだ技術が高度に発達した。また、絵画の題材と表現技法がさらに豊かになった。本論文では、唐代(紀元618年-907年) 289年間を、初唐、盛唐、中唐、晩唐の4期に分け、各期ごとに、外国文化の影響による伝統的手法の変化、審美感、表現方法の特徴を考察する。さらに、作品の調査に基づき、唐代における線による造形手法の発展を明らかにする。
課題:1、唐代の造形理論と代表画家を研究する。
2、唐代各時期における線による造形手法で造形発展の特徴をまとめる。
3、東洋美術の特徴である「線による造形」に対する理解を深める。


○中国美術の専門家ではありません。
意味を推察して、日本語として訂正いたしました。
ご確認、ご検討ください。

質問した人からのコメント

2013/6/18 13:14:37

降参 ほんとにありがとうございました、とても助かりました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる