ここから本文です

インドのヨガの達人は自分の心臓を止めることができるそうですが、心肺機能をコン...

wht********さん

2013/6/1910:38:06

インドのヨガの達人は自分の心臓を止めることができるそうですが、心肺機能をコントロールできるなら、これを競泳選手が取り入れて応用したら世界記録が大幅に更新できる?

補足いや、そのまま使うのではなく、応用するのです。ぶつけ本番ではなく、幼児期のスイミングスクール時代からヨガを取り入れて指導したらどうなりますか?

閲覧数:
1,309
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sci********さん

2013/6/1912:09:33

全く意味ないでしょう。

心臓を止めたら筋肉への酸素供給も止まってしまいます。


必要なのは、心臓を止める事でなく、より速く動かすことで、沢山の酸素や糖分を送ることです。

人は、激しい運動をすれば誰でも自然と(220-年齢)回/分まで心拍数が上がります。

ですから、もしこれを300回/分などまで上げることができるなら効果はあるでしょうが、心拍を止めることは競技に全く役に立たないでしょう。

質問した人からのコメント

2013/6/19 16:07:34

日本語読めますか?心肺機能のコントロールを応用するんですよ。心臓止めて泳ぐなんて書いてないぞ。頭だいじょぶですか?

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yam********さん

編集あり2013/6/1911:18:40

それは無理です。
クンバカという長時間息を止める呼吸法もありますが、それは精神を集中し、五感を切り離した、いわば瞑想に近いものです。
水泳のように激しく身体を動かす競技では不可能でしょう。
ゆったりと泳ぐ潜水競技には応用できるかもしれません。

補足:
ヨガをされた事はありますか?
ヨガと水泳で同じ筋肉を使っている事が多いです。
そのため水泳をやっている人がヨガをやると上達も早いです。その逆もしかり。
また、肩甲骨周りの稼動域も広がりますので、心臓は止められなくても確実に役に立つと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる