ここから本文です

辛坊さんが批判されている意味がわかりません。 本人が挑戦しようと思っていた太...

san********さん

2013/6/2612:27:47

辛坊さんが批判されている意味がわかりません。
本人が挑戦しようと思っていた太平洋ヨット横断中にトラブルにあい、救助要請をし、助かった。

確かに人騒がせな部分や、多くの人に迷惑をかけた。という事なのでしょうが、途中、ヨットを投げ出して身の安全を優先させたのは当然だと思いますし、プレッシャーもあったなか勇気ある決断だったと思います。
周りの批判が、「心配かけやがって」とか、「(例えば)周りがあんなに止めたのに」などであれば納得ですけど、「自己責任」とか「(救命)費用はどこから」などといった意見ばかりで、疑問です。「まずは無事で何より」と思ってる私はおかしいでしょうか?

補足ご回答ありがとうございます。
24時間テレビの企画じゃダメなのでしょうか?また、被災者を元気づけたい。との思いで福島の小名浜港から出港していますが、目障りなのでしょうか?(そんな事している場合かっ!!ですか?)
非難している方々へをとやかくは思いませんが、“死ねばよかったのに”って本当に思うのですか???

閲覧数:
579
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mot********さん

2013/6/2615:24:52

【冒険家輩出】

慶応義塾大学大学院客員教授の夏野剛さんは、6月24放送のフジTVの番組「とくダネ」出演時、エオラス号の海難について、次のように述べていました↓
『人類の歴史を振り返ると一見無謀に見えるようなことや新しいことは、挑戦することで文明は進化したところもある。一概に単なる冒険だから税金を使うのは如何なるものかというのは寂しい』

実際、ヨットで世界初太平洋単独横断した堀江さん、ヨットで世界初単独世界一周した青木さん、ヨットで日本女性初単独世界一周した今給黎さん、史上最高齢でエベレスト登頂した三浦さん、いずれも日本の誉れです。
彼らでも、失敗すれば諸外国の税金で救助されたことでしょう。

1992年に、ヨット「マリンマリン」号は出航翌日に、ヨット「たか」号は出航3日後に、遭難しました。
1972年に、堀江さんでさえ、出航翌々日に遭難しています。
1997年に、世界的に有名なヨットレーサーの南波誠氏でさえ、遭難しています。
「マリンマリン」号と「たか」号の全乗員も、堀江さんも、南波誠さんも、みな熟練ヨットマンです。
つまり、熟練ヨットマンでも遭難することがありえるのです。

どんなに熟練した漁師や商船の船乗りでも、海象を熟知したところで、海は予想外の動きをすることがあり、海難に遭うことが少なくないです。

失敗したらボロカス責め立て、成功したら浮かれ気分になる姿勢では、今後日本で冒険家は輩出されないでしょう。

【バウスプリット】

バウスプリット(船首の舳先に突き出ている大きな棒)の根元から少量の漏水があり、修理方法について、ネット炎上してます。
代替部品を入手し、ふつうネジ留めで完結するところ、念には念をということで、さらに溶接しています。
しかも、バウスプリット根元の内側から充填剤を充填しています。
そもそも、船大工であれば、この対処は荒れた大洋で微かに漏水する程度になるだけであり、航行に支障ないことは当たり前のこと。

バウスプリットの少々の水漏れと、今回の衝突、ハル(船体)の損傷による船体放棄は関係ありません。
そんなこと、素人だってわかるでしょう。
パリダカのジープが無線機の調子が悪かったが、崖からこけてリタイアしたら「整備不足だ!!」といっているのと同じ。

【素人】

辛坊さんも、岩本さんも、熟練ヨットマンとしても有名です。
かつて、辛坊さんは、関西の名門ヨットクラブの会員でもあり、大学時代ヨットレースの緒戦に参戦した強者であり、今給黎さん(単独無寄港世界一周成功者)は『辛坊さんは30年以上のセーリングのキャリアがある。経験もあるし無謀な挑戦という感じはしなかった』と述べています↓
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130622/dms130622145...
岩本さんは、ブラインドセーリングのヨットレースの緒戦に参戦した強者です。

【ブログ削除】

岩本さんも、辛坊さんも、ブログ削除を望まないでしょう。
ブログは、プロジェクトD2製作委員会が、岩本さんと辛坊さんの承諾を得ずに無断削除したものと推察します。

【奇異な世論】

多くの方が『漁師や商船が海難事故で救助を求めるならば仕方がない』と感じておられますが、この考えは東洋人の特異なものであり、欧米から見ると奇異に感じられてしまうのです。

岩本さんと辛坊さんが、米国コーストガードや米軍に救助され、米国に送られたら、どのような扱いをされると思いますか。
ヒーロー扱いです。
さらに、岩本さんは、米国の海事業界で有名人なので、ヒーロー扱いに熱気を帯びていたことでしょう。

欧米社会は、『漁師や商船が金儲けのために海を利用して、レジャーを楽しむ人を邪魔するのはよくない』という考え。
そのため、漁師や商船の船乗りが救助されるとバッシングされ、ヨット愛好家が救助されるとヒーロー扱いになります。

欧米社会のヒーロー扱いについて執筆されたブログがあるので参照ください↓
http://blogos.com/article/64903/

【冒険家輩出】...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wak********さん

2013/6/2612:35:13

あなたの仰ることも一理あります。

しかし、いまだに大震災での捜索に自衛隊や海上保安庁が駆り出されているのも事実です。
自衛隊が出動し、救出をしたことは人命救助の観点からすれば当然のことですが、「この忙しい時に勝手なことをしやがって」という感情が野党から指摘されたのでしょう。
自衛隊は「当然のことをしたまで」とコメントしています。

マスコミも勝手ですね。
成功すれば「偉業達成」、失敗すれば鬼の首を取ったかのように報道しています。

この一件は、本人が「税金」という言葉を言ってしまった失言から始まっているように思います。
率直な謝罪の言葉だったのでしょうが、タイミングは悪かったですね。

例えば同額を震災復興費用に寄付などしたら、今度は一転してヒーローになるのではないでしょうか。

秘密さん

2013/6/2612:54:50

成功しても誰の利益になる訳でもなく自己満足を求めてでやってるだけだから、、、、失敗して救助騒ぎになり見殺しには出来ないから税金が使われるとなれば、、、震災後まだ多くの人が苦しんでるのに無駄ずかいだと攻められる事は分かってたと思うけど。(山登りの三浦氏も同じようなもんだと思います。)

dke********さん

編集あり2013/6/2614:08:12

お父さん(中川一郎)も自殺されてるし
ああいうことを何回も何回もTVで放送すると
本人は自殺の恐れがあるから、もうこの辺で止めといてやろうやないかという話になるじゃないですか。
とんでもない話だと思います。あんなものはね『自殺すればいい』と思いますよ。
あんだけ国際社会に恥かいてね、オメオメねぇオメオメ有権者の前にもういっぺん出るなと!
もう二度と再びたぶん出られないと思う・・。出てきたら必ずあのVTRを流されますからね。
その意味では世の中にはやってはいけない事があるんだって
https://www.youtube.com/watch?v=WguaLvFcpS0



うわあ…

紅葉さん

2013/6/2614:44:00

はい、かなりおかしいです。

沈没した船は、辛坊さんの持ち物ではありません。
(24時間テレビの企画の「プロジェクトD2製作委員会」の一人の所有資産です。)

参照URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/「ブラインドセーリング」プロジェクト


救助費は、3600万円の税金です。
(死ねばよかったのに!!)


辛坊さんが削除した6月14日のブログ記事

「完璧に整備したと皆が思い込んでいたエオラス号にいくつかの問題点が見つかったんです。
まず 一つは、船の舳先に突き出ている大きな棒、これをバウスプリットって言うんですが、
この根元から少量の漏水が発見されました。
エオラス号には既に太平洋横断撮影用の資材をすべて積み込んでいたために相当喫水が下がっていて、台風の余波のうねりに舳先から突っ込んで派手に海水をすくい上げる局面が何回かあったんですが、この時バウスプリットの止水に不具合があって、水が漏れることが分かったんです。
当初、この2日間で舳先をすべて解体して、充填剤を入れなおすことも計画されたんですが、様々なリスクを計算した結果、内側からの充填で対処することになりました。
余程荒れた海でない限り漏水しませんし、エオラスの設備で簡単に排水できる程度のものですから、これで、 まず大丈夫でしょう」

結論、
素人が、整備不良の他人の船で、自殺しに太平洋に行っていただけです。
(相方は地図が目視すらできない、上級者?らしいです。)


少しは情報収集した方が良いですよ。

kur********さん

2013/6/2616:39:49

辛坊さんが今回の事で非難されるのはおかしいとは思いますが、そもそも辛坊さんのチャレンジを快く思っていなかった人が多かったように思います。

私もタイミングや条件など、不思議に思っていましたが、24時間TVの企画だったと聞いてなんとなく納得が行きました。

非常食や救命道具、通信手段も完備されていたものの、体温低下で生命の危機を感じたとの事で、やはりこのような企画は簡単に考えてはいけないとゾッとしました。

イッテQで、イモトさんが登山にチャレンジしていますが、あれも企画内容がかなり心配です。事故が起こってしまってからでは遅いので、日テレはもう少し企画を考えた方が良いように思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる