ここから本文です

国鉄時代に女性の車掌や運転士及び駅員って勤務していたでしょうか? 見かけた記...

new********さん

2013/6/2709:51:45

国鉄時代に女性の車掌や運転士及び駅員って勤務していたでしょうか?
見かけた記憶はなかったと思いますが

あと国鉄時代には駅員の態度が非常に悪い、例えば定期の見せ方が悪いと腕をつかんで「コラ!ハッキリ見せろ」

と乱暴な口調で注意したりするときいておりますが本当だったのでしょうか

補足駅員の乱暴な対応についてですが、今では駅員が乗客に尋ねる時は「ちょっと、お客様失礼しますとか申し訳ございません」と下手に出る対応が普通ですが、国鉄当時はその様な口調で話されたことはなかったと思いますがそのギャップはなんだったのかと思ったまでですが。

国鉄時代,駅員,運転士,見せ方,車掌,空き箱,国鉄

閲覧数:
2,864
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

やまねこさん

2013/6/2710:05:25

いました.乃木駅の駅長が初だったと思います.

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

reb********さん

2013/6/3002:14:24

松江市の乃木駅の駅長さんになった方は当時話題になりましたね。
車掌さんもましてや運転士さんなど見たことがありませんでした。
当時はこういう職業は当然男性がするものと認識されていましたし、
男女雇用機会均等法など法的な整備もまだなかった時代でしたから。

わたしも、昭和50年代に、
伊田線の中泉駅で切符を買ってそのままホームで伊田ゆきの気動車を待っていると、
駅員がホームまで出てきて、
「おい、勝手に改札をでるな。もどりなさい!」と
どなられた経験があります。

筑豊でこのような経験をしたので、さすが筑豊!と思ったことがあります。

また、日田彦山線の石田駅から乗車して小倉駅で下車したときに
改札の駅員に「石田から」というと、
石田駅はきっぷを売っているのになんで買わんかったの?おかしいやろ。
ちょっとこっちに来て下さい。」と
無理やり駅の事務室の中に連れて行かれて説明を求められました。

で、たしかに石田駅は昭和46年に出札窓口を廃止して運転要員のみの駅でしたが
昭和60年ごろから乗車券の発売が復活していたわけです。
でも、そのとき、きっぷうりばは開いているのを見たのですが、駅員さんの姿はなく、
列車到着の時間も迫っているので、勝手にホームに行ったのです。
そのとき分かったのですが、駅員さんはタブレットを持ってホームにいたので
「なんだ、一人だから、そういうことか・・・」と思ったのです。
たまたま、その駅員さんのすぐ近くのドアから乗車したので、
小倉駅でそのことを話して石田駅に電話してみてください!というと
石田駅の駅員さんがわたしのすがたや服装を記憶していたようで
事なきを得ました。
当時は、中高生だからといって国鉄の人になめられたような態度をとられることが
ときどきありましたね。

mt5********さん

編集あり2013/6/2923:08:49

【女性の雇用】
かつては、母性保護の観点から、鉄道の現場仕事は「男の職場」でした。
昔は、一部を除いては、女性の深夜労働は禁止されていたのです。

戦時中は、徴兵によって国内の就労可能な男性が不足し、定年退職後のOBが呼び戻されたり、出改札・車掌など、力仕事不要の部署に女性の臨時職員が多く居ました。
多くは鉄道職員の子女でした。

戦後は、昼行特急列車に「女子給仕員」が居た時代がありました。
昔の汽車は自動ドアでは無かったので、急行列車は原則、1両に1名の割合で乗務員が居たのですが、戦後の一時期、東海道本線の特急「つばめ」「はと」に、それぞれ「つばめガール」「はとガール」が、二等車(いまのグリーン車)5両に5人乗っていました。
ちなみに1等車1両、2等車5両、それに食堂車で、三等車(今の普通車)は半分以下。
とても豪華な列車でした。

電車特急(自動ドア)に置き換えられた際、女性給仕も廃止され、彼女らは鉄道管理局の局内の日勤部署などに転勤となってゆき、また古くからの慣習で寿退職された方も多く、その後長らく国鉄では接客職員も男一色となりました。

男女雇用機会均等法ができてから、女性の採用も行うようになりましたが、一気に女性用の宿泊設備や女子更衣室を各職場に作る事はできませんでしたので、鉄道各社については暫くは採用を男女別枠とする事が猶予されていました。

【接客態度】
1960年ごろ以降、国鉄労働組合が社会党や共産党に牛耳られ、その後次第に彼らの増長を許してしまったので、国鉄では1970年代ごろから、組合の反対で接客研修が行われなくなりました。
そのため、接客の基本ルールを知らない職員が増えた時期があります。

とはいえ、「コラ!はっきり見せろ」や、乗車券類をはっきり見せないくらいで腕をつかむような行為は、無かったとは言えませんが(今でも不祥事を起こすバカが居るので)、相当に特異な例だと思います。

私はもともと運転系統の職員でしたが、国鉄末期には経営規模縮小による「人余り」で、駅頭の営業の仕事に就いた時期もあります。
それこそ「先輩」の駅員たちも、前述の如き有様で接客の基本を知らない人も多かったのですが、当時は「国鉄とは、赤字を垂れながずゴクツブシ」であるかのようにマスコミが喧伝していましたから、むしろ私たちが突き飛ばされたり暴言を浴びせられたりする毎日でした。

そんな中で、仮に「逆ギレ」したところで、職員よりお客様の方が数が多いのだから、ボコボコにされるのが目に見えてます。
泣き寝入りをしていたのは、私たち職員の方です。
痴漢を捕まえた時でさえ、周囲が
「何をする!けしからん!」
と言って取り囲まれ、痴漢の逃げ得になってたのですから。

つくづくマスコミの恐ろしさを思い知らされました。
「けしからん国鉄職員」のイメージも、大半はマスコミによるステレオタイプではないでしょうか。

【PS・車内ゴミのマナー】
昔は、車内で出るゴミと言えば弁当の空き箱・お茶の容器・古新聞と、せいぜいミカンの皮程度でした。
弁当の空き箱は、再びフタをして紐でくくり、その他ゴミは新聞紙などに包んで座席下に【置き】、下車時に持って降りるのがマナーでした。
駅弁は、そのような事がしやすいよう折箱にノシ紙を乗せ紐でくくって売っていて、その紙には「空き箱は座席の下にお置き下さい」などと書かれていました。
「捨てていた」のではありません。

jij********さん

2013/6/2721:00:28

国鉄時代には女性の車掌や運転手は皆無でしたね。
電話交換手や鉄道病院の看護婦など一部の業種にしか女性は
いませんでした。駅の事務にもいなかったし。本社や支社の
経理にはいたかもしれませんが。
鉄道の現場に採用されるようになったのは、民営化の頃からです。
殆どはJRになってからですが。
車掌区など女性更衣室の場所で苦労したとかの話があります。

駅員の態度は良くない人が結構いましたね。
みどりの窓口でも今みたいに丁寧ではなかったですし。
(今は契約スタッフが中心で、細かい事を聞くと返事が返って
来なかったりします)
>例えば定期の見せ方が悪いと腕をつかんで「コラ!ハッキリ見せろ」
そんなのは当たり前で見せない方が悪いことになってました。
(それで捕まったキセル客も多かったのでどっちもどっち)

自動改札や指定券のネット販売などで状況が変わったこともあるんでしょうが。

ken********さん

編集あり2013/6/2713:39:48

鉄道省時代、戦時下では駅員や車掌に女子職員を採用しましたので、国鉄になっても勤務を続ける女性駅員はいました。

>あと国鉄時代には駅員の態度が非常に悪い、例えば定期の見せ方が悪いと腕をつかんで「コラ!ハッキリ見せろ」
>と乱暴な口調で注意したりするときいておりますが本当だったのでしょうか

国鉄に限らず、私鉄やバスでも一般的な光景でしたが、それが何か?

>そのギャップはなんだったのかと思ったまでですが。

時代でしょ。常識は時代で変わるんですよ。1960年代の旅行マナー啓発標語や漫画をみると、「ゴミはマナーを守って座席の下に捨てましょう」とあります。常識というのは時代で変わるんです。

osa********さん

2013/6/2710:23:37

戦中は男性の労働力が不足したこともあり、実在しました。
戦後は労働法が改正される迄、一部業種を除き女性の深夜業務は禁止されていました。
労働法が改正されたのは国鉄民営化後のことです。

貴方が言う様な駅員は見たことがありません。
しかし乗客が定期券をきちんと見せないなら言われても仕方ないでしょうね。
タダ乗りの疑いもあるわけですから。
何か履き違えていませんか、貴方?

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる