ここから本文です

100カ日法要について

hit********さん

2007/3/716:34:08

100カ日法要について

先月母親を亡くしました。
現在まだ49日は経ってません。
身内の事は初めてなのでちょっと判らないんですが、7日忌は常識として、100日忌はどうなんでしょうか。
やはり一つの節目の行事なんですか?
その場合参列者の範囲は・・・?

経験された方、どうされましたか?教えて下さい。

閲覧数:
86,374
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

esh********さん

2007/3/722:38:25

案内する対象(家族はおまいりするでしょう)は、
①故人の子供たちです。(実子だけだったり、夫婦だったり、さまざま)
②そして兄弟姉妹へも声をかけたほうがよいですね。(血のつながった兄弟姉妹だけ)
上記の方へ案内し、来ていただける人だけで営みます。
つまり、忌明け法要よりは内輪のメンバーで行うのが一般的です。
呈茶だけで食事無し(昼食時間にかからなければ)でも良いでしょう。

(案内の仕方としては、「実子」は「おまいりください(できるだけ来てね)」)、
(「兄弟姉妹」は「都合がついたらおまいりください」(可能なら来てね))でしょう。
(遠方の方へは「遠いので無理しないでね」というくらいでも。)
(とっても遠いのであれば案内せず、再会時に「遠いので案内せず身内で勤めました」と言う)

百か日(ひゃっかにち)とは、
百箇日は卒哭忌(そっこくき)ともいい、
「哭」は声をあげて泣きさけぶという意味、「卒」はそれを終わるの意味です。
故人を思い泣き悲しんでいた親族や近親者たちも、さすがに泣くことをやめる頃が
100日目を迎える頃だということから「卒哭忌」といわれています。

亡くなった日から数えて100日目という節目ですから、
私の知ってる限りは皆勤めています。(忌明法要ほど長時間ではない)
下記の意味合い(目的)も果たすことが出来ますよ。

①この100ケ日を節目として、「形見分け」をすることは多いです。
(相続関係も一段落する頃ですから)
②お墓が自宅から近ければ「納骨もする」というパターンも結構ありますよ。

質問した人からのコメント

2007/3/8 14:17:31

降参 皆さん有り難うございました。
納骨法要と兼ねて考えてみたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

miy********さん

2007/3/722:25:27

百ケ日はやはり一つの節目となりますので、家族だけでも行ったらよいのでは。
もちろん、坊さんは呼びます。

mim********さん

2007/3/721:44:48

二七日、三七日などの忌日法要と、百か日忌は家族やごく近しい親族だけで行うのが一般的だと思います。

ramenjinさん

2007/3/716:40:06

ひと七日・四十九日・一年忌・三年忌が仏式の供養日です。
100日忌(祭)は神葬祭では供養日としてしますが一般仏式の
お宅ではしなくていいと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる