ここから本文です

可能形の助詞について

goo********さん

2007/3/910:18:48

可能形の助詞について

こんにちは、日本語の勉強者です。
可能形について、質問させていただきます。

私は日本語が話せます。― 可能形の場合に、助詞は「が」を使います
と先生が言っていました。それで、私はこれを覚えました。
しかし、最近読んでいる小説の中に
「図書館ならば、静かで落ち着いた毎日を過ごせるような気がした。」
「毎日を過ごせる」っていい?
可能形の場合は「を」を使ってもいい??
混乱しています。。。。。誰か教えてくださいませんか?

閲覧数:
4,924
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fon********さん

編集あり2007/3/911:50:22

本来は先生の言われた通りなのですが、現在では日本人の大多数が「私は英語を話せる」に違和感を覚えなくなっています。
オーソドックスには、「私は英語【が】話せる」か「私は『英語【を】話す』こと【が】できる」と言うべきなのです。

可能動詞は「話す」→「話せる」のように形成されますが、
同じパターンで他動詞から“受動動詞”、“自発動詞”というべきものが形成されます。
こちらは可能動詞ほどほとんど例外なく形成されるわけではないため、派生自動詞として別途辞書の見出しにも掲げられます。
 「謎を解く」→「謎が解ける」≒「謎が解かれる」 (受動)
 「気を置く」→「気が置ける」≒「気が置かれる」 (自発)
可能動詞も発生の経緯はこれらと同じです。
ですから、可能動詞は「~を」という目的格を承けることはないのが本来の在り方なのです。
「英語を話せる」でもかまわないと言うのは、現状追認のために取って付けた説明で、日本語を正しく考察したものとは思われません。

質問した人からのコメント

2007/3/12 11:54:08

降参 はい、わかりました。
詳しく説明していただいて、ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

chi********さん

編集あり2007/3/910:38:34

助詞には可能形がないようです。

日本語が話せるの「が」と毎日を過ごせるの「を」は両方とも格助詞といって
体言に付き、文の中での意味関係を表します。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A9%E8%A9%9E

ちなみに可能の意味を表すのは、可能の助動詞の「せ」の部分です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる