ここから本文です

ベストアンサー以外の回答

6〜6件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mei********さん

2013/7/1511:05:38

①については就役予定の19500t型DDHでの運用でほぼ間違いないと思います。ひゅうが型はサイズ的にF35Bを運用するにはかなり無理があるサイズですので。ただ、おおすみ型輸送艦の後継に19500t型DDHを凌ぐ大型艦が計画されているとの未確認情報がありますので、そちらでの運用も想定されます。

②これについては正直よくわからないってのが私の本音です。今後重要になってくる南西諸島の防衛に軽空母が必要なのかどうなのか。世界的に22DDHクラスの軽空母の建造はちょっとしたブームになってまして、航空機の積み替えで色々な任務に対応できる便利な船であるのは確かですが、自衛隊の主戦場となるであろう南西諸島でどの程度機能するかは正直わかりませんね。

③これも判りません。アメリカ海軍の強襲揚陸艦は海軍の船ですが、F35Bを初めとした航空機・ヘリは大体海兵隊の持ち物なので。ただ海自は対潜機を初め空自に勝るとも劣らない航空機運用実績があるので意外と海自が運用する可能性もあると思います。

④これは初耳です。22DDHより大型のおおすみ後継の輸送艦(事実上の強襲揚陸艦)の建造が検討されてるとの話は聞きますけどね。

⑤ありえると思います。ただコスト的な問題もあるので、同様の問題を抱えているイギリスやイタリア、そしてもちろんアメリカと上手く連携をとって開発を進めたいところですね。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる