ここから本文です

小学生に分かりやすく、夏はどうして夜が短いのか、冬はどうして、夏が長いのかと...

k_n********さん

2013/7/2020:50:57

小学生に分かりやすく、夏はどうして夜が短いのか、冬はどうして、夏が長いのかという二つの違いを教えたいんですけど、
どのように説明したらいいですか?

閲覧数:
3,853
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

Dshiさん

2013/7/2020:56:50

一番単純なのは
夜が短い→昼が長い→日が出てる時間が長い→暑い→夏

そこから派生して日が出ている時間が長いだけじゃなくて太陽が高く上がるから公転、自転の話に持っていく。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/7/2109:39:54

小学生に分かりやすく ではないでしょう。
まず、なぜそうなのかを、あなた自身が理解することから始めましょう。
あなたがわかっていないから、説明ができないのです。

una********さん

2013/7/2102:55:19

太陽は春分・秋分の時は赤道上空にあります。
地球の地軸は公転軌道に対して直角な線に対し23.4度傾いているため、
夏至の太陽は北緯23.4度の上空、冬至の太陽は南緯23.4度の上空です。

春分の太陽は赤道上空であるため、
赤道での春分の太陽は真東~頭の真上(天頂)~真西と動きます。
地球は球体であるため、緯度によって頭の真上が違います。
北極点での春分の太陽は地平線を水平に動きます。
http://www.osaka-c.ed.jp/ed/h19/multi04/simi/tenmon/nisyu.html
地球をクリックしてください。
赤道での太陽の動きは地面に対して直角に出入りするため、
春分も夏至も冬至も地上に出ている太陽の割合は180度なので、
日の出の定義や大気差を無視すれば昼夜は季節によらず半々です。
緯度スライダーを動かして、90にしてください。
夏至の太陽は地平線から23.4度の高さを水平に動くので1日中太陽がでてい、
冬至の太陽は地平線の下23.4度で水平に動くので太陽は出ません。

北緯35度にすると太陽は地平線に対して55度(90-35)の角度で出入りします。
春分の太陽は真東~天頂の35度南~真西へと動き、
地上に出ている円の割合は180度なので昼夜半々です。
太陽が天の赤道(黄色の円)より北に行けば、地上に出る円の割合は
180度より大きくなるので昼が長くなり、
南にゆけばその反対になってしまいます。

2013/7/2022:14:13

地球儀を用意して、真横から光を当てながら回転させる。
夏至と冬至の状態になるようにして、光の当たり方を確認する。
http://www.saga-ed.jp/workshop/edq01460/a-su/setumei/kyouiku.htm

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる