ここから本文です

民法でいう特約とは何ですか?

yuk********さん

2013/7/2214:11:13

民法でいう特約とは何ですか?

閲覧数:
5,292
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

p_7********さん

2013/7/2216:37:28

特約とは、主に契約の本体に付属する「オプション」のようなものです。

たとえば、お金を払って物の貸し借りをするような場合、民法でいう「賃貸借契約」が結ばれます。
この時、貸し借りの対象となる「物」の維持に必要な修繕等は『貸し主』が負担するのが原則です。

(賃貸物の修繕等)
第六百六条 賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う。
2 賃貸人が賃貸物の保存に必要な行為をしようとするときは、賃借人は、これを拒むことができない。

ところが、賃貸借契約に「特約」を付けると、この原則を「曲げる」ことができます。
たとえば

賃貸借契約の契約書
第○条 ○○の修繕に必要な費用は借主の負担とする。

このような場合は民法の規定が変更されて「借主」が修繕をする義務を負うこととなります。

この他にも様々な「特約」を付けることが可能ですが、一部「特約」が無効となってしまうケースもあり得ます。
たとえば借地借家法。

(借地権の存続期間)
第三条 借地権の存続期間は、三十年とする。ただし、契約でこれより長い期間を定めたときは、その期間とする。

(強行規定)
第九条 この節の規定に反する特約で借地権者に不利なものは、無効とする。

土地の貸し借り(賃貸借)契約を結ぶ場合、借地権は「30年」以上存続することが借地借家法で決まっています。
ところがこれを「10年とする」という『特約』を付けても、その特約は「無効」となってしまいます。

この他にも、消費者契約法等でも特約が無効となるケースもあり得ます。

(事業者の損害賠償の責任を免除する条項の無効)
第八条 次に掲げる消費者契約の条項は、無効とする。
一 事業者の債務不履行により消費者に生じた損害を賠償する責任の全部を免除する条項
(たくさんあるので省略)


たとえば、ある企業が個人の消費者との間である「電気製品」を販売するとします。(売買契約)
この時、

売買契約の契約書
第○条 ○○の販売につき、××企業が義務を履行出来なかった場合でも、××企業は賠償責任を一切負わない。

このような特約は無効です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる