ここから本文です

薩長連合というのは、薩摩人気質と長州人気質が、水と油ではないということもあっ...

zaz********さん

2013/7/2323:48:07

薩長連合というのは、薩摩人気質と長州人気質が、水と油ではないということもあって、実現したのでしょうか?これが、もし、どちらかが会津や東北諸藩気質であったとしたら、無理じゃないでしょうか?

気質がお互いに合うものだったので、幾多の恨みはあっても、けんかの後仲良しになるように、和解したのではないでしょうか?

つまり、薩摩の豪胆と、長州の過激さです。決して、会津の形式的道徳規律ではないです。というか、性質の荒いもの通し気が合うというか。

閲覧数:
928
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

風紀委員さん

2013/7/2708:02:58

利害関係が一致しただけで気質が合うという話しではないと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sho********さん

2013/7/2603:12:56

関ヶ原の怨念で、徳川憎しの感情で一致しているだけです。

ost********さん

2013/7/2521:03:39

薩会同盟を見ればわかリますが、薩摩が始めに同盟に選んだのは会津藩だったのです
薩摩は始めは会津を評価していました

禁門の変では会津藩のために長州藩に攻撃を加え長州藩を敗走させます

しかも第一次長州征伐でも活躍して長州を押さえ込みます

問題なのはここからなんです
会津藩主の容保は親藩であり桑名藩や尾張藩の藩主と兄弟でした
それゆえにその幕末で徳川の権力を強めようとして一会桑政権を作ります

そこで邪魔になったのが薩摩藩で、薩摩藩を慶喜と共に追い出してしまいます
薩会同盟の交渉口となった秋月も北海道に左遷します

京都にいた久光は一会桑政権の嫌がらせに怒り薩摩へ帰り、後を西郷隆盛と大久保利通に任せます

一会桑政権は徳川政権強化のために外様大名を痛めつけます
これこそが薩摩、長州、土佐などの外様が連携したきっかけになるのです

第二次長州征伐では一会桑政権に嫌気をさした外様大名が出兵を拒否して徳川方が大敗北してしまうのです

ですので薩摩と会津が水と油と言う事はないです

単に政治的権力闘争に巻き込まれて同盟を解消しただけなのです

Radhinskiyさん

編集あり2013/7/2721:40:15

薩摩人と長州人は決して気質が合っていたというわけではありません。気質については、むしろ水と油だったでしょう。

その両者を取り持ったのが坂本龍馬で、彼の行った「薩長同盟」により両藩は手を結ぶことになりました。

同盟のきっかけとなったのは両藩の経済的結びつきで、第二次長州征伐を前にして武器を必要としている長州に対して密貿易で利益を上げている薩摩が、長崎を通じて武器を購入し、長州へ武器を渡す。

一方、桜島の火山灰質で米が取れにくい薩摩に、長州の米を与える・・・・と言う形に・・・・。

禁門の変以降、犬猿の仲となった薩長であり、気質やイデオロギーで相容れない両藩を結びつけるのは経済的利益しかないと、龍馬は考えたのです。

この薩長同盟が倒幕の原動力となりますが、同盟成立以降も両者の気質の違いは水面下で見られます。
薩摩人気質は西郷隆盛のような泰然自若とした人物を良しとする気風に対し、長州人は吉田松陰の松下村塾で徹底した議論を重ねて薫陶を受けた志士たちであり、時に薩摩人が長州人のことを「長州もんの書生っぽさよ!!」と陰口を叩いていたそうです。

長州人の議論好き気質は、薩摩人の目から見れば書生のように理屈っぽく見えたのでしょう。

ただし、薩摩人の中でも大久保利通のような知的な理論派もいて、明治維新後に薩摩閥の中で西郷派と大久保派に分裂する結果となります。

西郷一派が野に下った後は、大久保は長州の木戸孝充とともに明治新政府を運営していきます。

西郷一派が薩摩から反乱(西南戦争)を起こしたときには、大久保は西郷に同調せず、木戸と手を組んでこの鎮圧に当たり、西郷一派の撃退に成功します。

ただし泰然自若とした人物を良しとする薩摩人気質は、現在の鹿児島県人にも受け継がれています。
そのため現在の鹿児島でも、西郷隆盛ほどに大久保利通の人気はありません。

nat********さん

2013/7/2400:58:39

維新後の長州閥が薩摩藩土佐藩閥を追い込んでますが、長州閥はどこに協調性があるのでしょうか?長州閥は長州藩内の人材同士でも常に対立しあってますが。長州閥首領山縣と伊藤もなんだかんだで政策一つとっても対立してますし。長州に合う藩てありますか?独裁シカ望まなかった長州藩のようにしかみえませんが?

gay********さん

2013/7/2400:42:02

東北諸藩と会津については詳しくないですが、長州と薩摩は同じ幕府に恨みをもつもの同士だった点も大きいと思います。

いつ幕府を討ちますかと毎年聞いていた長州と、幕府を支えることを第一に考えていたと思われる会津とでは考え方が異なりますが、国を憂い国の為に散っていった人達はみんな凄いとよく思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる