ここから本文です

Aは、関東財務局(財務省の地方支分部局)の局長から甲処分を受けたことを不服とし...

shi********さん

2013/7/2820:16:20

Aは、関東財務局(財務省の地方支分部局)の局長から甲処分を受けたことを不服として、財務大臣に対し審査請求をしたものの、財務大臣が棄却決定をしたことを当該裁決の当日に知ったので、行政事件訴訟法上の

抗告訴訟を定期することにした。Aが甲処分の違法を裁判で主張したいと考えている場合、行政事件訴訟法の規定によれば、いつまでに、誰を被告として、どのような訴訟を提起するのが原則となるか。「~を提起するのが原則である。」に続く形で、40字程度で記述しなさい。なお、甲処分は、法令に基づく申請に対する処分ではないものとする。

この問題の答えを教えて下さい。

閲覧数:
311
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cus********さん

2013/8/114:05:50

処分の取消訴訟を提起するのが原則である。被告は、国とし、審査請求の裁決のあったことを知った日(本件の場合は裁決の日)から6ヶ月以内に行わなければならない。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる