ここから本文です

建物賃貸借契約の 貸主からの 解約について

hid********さん

2013/7/2918:05:05

建物賃貸借契約の 貸主からの 解約について

知人からの相談です。

知人が 賃貸マンションにすんでいて
文書で 契約が 来年H26年5月31日で終了いたしますので
部屋を退去していただきたい とのこと

理由は 貸主の兄弟を そこに住ませる とのことです。

ただ 契約書解約のところに 借主からの解約予告は
30日前に 言わなければならない と うたってる模様で

ただ 貸主からの 解約は なにも 書いてないみたいです。

契約期間は H24年6月1日からH26年5月31日 2年自動更新*更新料なし
普通賃貸借契約 と 書いてます。

貸主の解約予告に 応じる必要はあるのでしょうか??
貸主側 は 借地借家法にも のっとり 6か月前 猶予期間を
もてば 有効と主張をしてるみたいですが・・・


お詳しい方 客観的立場で 意見 御願いいたします。

閲覧数:
712
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kab********さん

2013/8/123:36:03

契約書に6か月または1年以上前に通告したり、正当な理由があるとき...と記載された紙を契約時に頂きませんでしたか??

不動産屋さんから間違いなく渡されているハズです。

私も何度も不動産賃貸の契約をしていましたが、その通り記載されています。

今一度、書類に目を通してください。

一般的な不動産屋さん、大手、準大手でも必ずその記載があります。

私もその書類の記載をみております。

ただし、最初に説明した通りの6か月以上前の通告と正当な理由がないと退去をさせることができませんのでそのことだけは確認してください。

...しかし、ここは契約上のことですが...

質問者さんがゴネることは可能です。

突然の引っ越しなので引っ越し費用がかかる....とか

新居は見つかったが、敷金礼金がどうしてもない..負担していただけないか...と

引っ越し費用と、敷金、礼金のおねだりの交渉はしてもよいと思います。

でなければお金ないので退去はしたくても出ていけないと伝えるというのもむ一つの手段です。

これは質問者さんの正当な理由であればすぐに退去したくてもできない理由として伝えることが可能です。

なるべく早めに物件を決めて、引っ越し費用とか、む敷金、礼金の費用を請求しましょう。

でないと、質問者さんが何も努力をしていなかったといいうことで後で裁判沙汰になったときにも不利となります。

最後は裁判で強制退去ですけど...

先ほどの条件を出せば、たいていは相手側も突然のことなので入居者にたいして迷惑をかけているという認識があるので交渉の余地があります。

1日も早く交渉しましょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

get********さん

2013/7/2919:57:50

それは解約予告ではなく、借借法26条の更新拒絶通知。それにより契約終了の効力が生じる要件について、28条。

その知人がキミにとって大切な人物なら、弁護士か司法書士に相談するようにアドバイスしてあげよ。
並みの大家や不動産屋で、借借法のルールをまともに理解している者は稀有。
ましてや痴餌袋に出没する自称不動産屋、とくに元不動産屋には、恥ずかしげもなく誤謬を撒き散らす者が多いから、知人のためにならんぞ。

嫌いな知人なら、痴餌袋で得たデタラメ回答をアドバイスしてあげるのも、アリかもしれない。

sta********さん

2013/7/2918:15:09

もと不動産で営業部長をしておりました。よろしくお願いいたします
まず、この様な大事なことは、知人のあなたでなく本人が理解すべきと思います
この場合、契約期間満了で退去してくださいと貸主さんがおっしゃるなら、仕方のないことですね
次に誰が、住むかは大家さん自身が理解していればいいことですし。
まして、自動更新で更新料なしですから。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる