ここから本文です

交通事故後遺障害認定(14級)の可能性についての質問

nig********さん

2013/7/2922:45:56

交通事故後遺障害認定(14級)の可能性についての質問

事故日:2012年10月22日、通院期間:2013年6月30日、通院:99回、症状固定日:2013年7月13日
過失割合:当方15(原付)、相手方85(普通乗用車)、骨折なし

後遺障害診断書の内容
傷病名:頚椎捻挫、骨盤打撲傷、右上腕・肘・手間接部挫傷(初診診断書通り) 既存障害:無
自覚症状右手・前腕のしびれ、右前腕痛 参(参の字を○で括り)→橈骨神経の障害を思わせる
①他覚症状および検査結果
(右手イラストにしびれと痛み箇所を斜線) 知覚過敏、異常知覚
(診断書に書かれている人間イラストの背中面の方の同イラストの右手に斜線) 圧痛と自発痛
周囲径 右上腕31cm 右前腕27cm 左上腕31cm 左前腕27cm
⑩間接機能障害
肘 屈曲 他動 右140度、左140度 自動 右130度、左130度
伸展 他動 右 0度、左 0度 自動 右 0度、左 0度
手 掌屈 他動 右 90度、左 90度 自動 右 80度、左 80度
背屈 他動 右 80度、左 80度 自動 右 70度、左 70度
MMT 肘 屈曲 右5、左5
伸展 右4、左5
手 掌屈 右5、左5
背屈 右4、左5
手指 屈曲 右5、左5
伸展 右5、左5
障害内容の憎悪・緩解の見通しなど:症状固定

以上、ご教授ください。

閲覧数:
4,391
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

松浦さんの画像

専門家

2013/8/600:00:27

交通事故の後遺障害14級9号の可能性について

結論からすると、後遺症の認定は難しいと思います。
むち打ち等の神経症状を伴う後遺障害14級9号は、基本的に通院期間と通院回数、治療内容、MRI等の画像所見などを、総合的に判断します。

通院期間は6ヶ月以上と言われていますので、通院期間は問題ないし、通院回数も決して少ないくないので、このあたりは、後遺障害の認定基準に当てはまると思います。

しかし、自覚症状に頚椎の事が記載されていない(右手の痺れは、頚椎捻挫から発症していると思います)ので、むち打ち関係は、完治していて右手の痺れは、右手単独の障害として審査される可能性が高いです。
そのように判断されると、後遺障害は非該当になるのではないかと思います。

頚椎の自覚症状の記載があったとして、30%程度ではないかと思います。
もちろん、治療内容で変わってきますが、現在の情報では、何とも言えません。

もし、後遺障害が非該当の場合でも、後遺障害の等級決定について、異議申立てが可能です。
後遺障害が認定された場合と非該当では、慰謝料が大きく変わりますので、注意してください。
後遺障害14級9号や後遺障害12級13号の慰謝料概算
http://jiko110.org
http://mutiuti110.jp

なお、今回の回答内容は、交通事故・後遺障害の専門家である行政書士の実務経験に基づいて回答しております。
http://mutiuti110.jp/publicnotary/zidanzirei.html
http://jiko110.org/settlement/settlement.html (私の業務実績の一例です)

私(行政書士)の回答は、被害者(裁判基準)よりの立場で回答しております。

参考になれば幸いです。
以上です。

兵庫県尼崎市(大阪市)の交通事故・後遺障害専門の行政書士 松浦 靖典が回答致しました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

松浦さんの画像

松浦 靖典

行政書士

交通事故専門の行政書士です。お節介な程熱意をもって接します。

[お知らせ] 最後の最後にご相談ください 諦めてはいけない、その後遺症 □ 弁護士等の専門家に見放された □ 諦めるしかないと言われた 痛みやむち打ち症状や腰椎捻挫の痛みが、こんなに残っているのに、後遺障害は認定されないの?? 下記の書類があれ...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jik********さん

2013/8/419:43:57

まぁ、無理でしょう。

aj3********さん

2013/8/419:34:33

後遺障害等級は該当・非該当も含め申請して結果が来るまで誰にもわかりません。何の根拠もない予想で一喜一憂しているよりも早く申請して結果を待った方が良いと思います。

後遺障害等級は提出された全資料(事故状況報告書、診断書・診療報酬明細書、後遺障害診断書、X-P・CT・MRIなどの画像、その他検査資料等)を医師を含む複数の担当が精査して決定するので、資料も見ていない第3者が結果を予想することは不可能です。それでも敢えてコメントすれば、結果は「非該当」ではないかと感じています。何かの根拠があってのコメントでは有りません。

bab********さん

2013/7/2923:41:15

可能性?
そんなもんは誰も回答出来んよ。
自称「専門家」の書士が「私に任せてもらえれば認定間違いなし」なんて営業回答をする可能性はあるけどね(笑)

「該当」「非該当」は申請して結果が出るまで解らんよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる