ここから本文です

塾をやめて家庭学習だけで過去問を乗り切れますか?(長文)

ame********さん

2013/7/3101:33:54

塾をやめて家庭学習だけで過去問を乗り切れますか?(長文)

低学年から塾通いをしています。残念ながら成績が伸びません。N研模試で50くらいです。(塾はN研ではありません。)
志望校は現在相応と思われるほぼ2校に絞っています。なお、受験のスケジュールも偏差値と子供と性格・通学時間等相談しながら、抑え、チャレンジなども決めています。塾ではそういった面談は一切なく、親が希望する学校の過去問を秋から行う予定です。(父母会で相談しましたが、特にアドバイスはなく、ああそこでいいんじゃないですかとそっけない返事。)

現在夏期講習中ですが、思った内容ではなく、演習や一斉に関係ない学校の過去問をひたすら解いているようです。また、途中塾の週テストが範囲指定なしのものがちょこちょこ入ります。全ての科目当日の答えをもらったら、家庭でときなおし、次回その教科があるときに、わからなければ講師に質問すれば、ヒントを与えられるようです。とにかく今まで習った部分の総復習です。苦手科目は一番下のクラスなので基礎からポイントのみを教えていただけると思っていたのですが思惑が外れてしまいました。午前中から塾に行き、帰ってくるのは夜10時くらいと遅いです。それから食事風呂明日の準備などで時間がほぼ取れません。しかも午前中行く前に課題があるのでそれをもっていかなくてはなりません。これがほぼ毎日です。
帰ってきて見直しをする時間がほとんどありません。やっても時間がかかるために何問もできません。毎回、ほぼやりっぱなしです。できない問題はできないままです。
また、基礎をやり直したくても時間がありません。子供は睡眠不足とストレスのせいか、かなり疲れています。また、私もあまりにできないのでつい叱ってしまいます。親子関係もぎくしゃくしています。子供自体は塾は疲れるが好きなようです。

夏期講習は実際数十万払っているのでもったいないと、私がパートに出る日を中心に行かせようかなと思っています。(一人だけでは、ゲームをしてしまうため)やめるつもりはありません。休んだ日に基礎の見直しと基礎演習を行う予定。

ただ、過去問を見ると学校で出る単元がほぼ決まっているようです。秋からの過去問もこの調子だと時間だけ奪われて、何も理解しないまま受験当日が来てしまうのではないかと思います。夏期講習終了後に退塾をし、算数と国語だけ週数回個別に通わせて、あとは家庭で過去問およびその学校が出そうな単元を集中的にやっても受験は乗り切れるものなのでしょうか?時間ができるのでできるだけ外部模試は受ける予定です。そんなことをすると成績は更にかなり下がるものでしょうか?⇒家庭教師は当たり外れがあるらしいので今から頼んでも期待できないので考えていません。

実際、中堅校を希望していますのでそれほど応用は必要ないのかなと思っています。全教科基礎がしっかり取れれば、ぎりぎり受かるのではないかなと思っています。私の考えはだめでしょうか?まさか塾の先生や受験ママに相談できず、相談する相手がおらず困っています(主人は賛成とのこと。)。できれば、塾関係者の方、経験者の親御様等にアドバイスを頂戴できれば思います。

長々書いてしまいました。わかりずらい文章だと思いますが、よろしくお願いします

補足出題単元は受験用の市販で売られている赤本の分析結果からです。志望している2校(現在の偏差値と相応)とも出題傾向がよく似ています。算数が特に苦手です。以前、すらすらできていたような基礎問題すらできなくなってきています。忘れてしまった、わからなくて自信がないなどが理由だと思います。やはり全単元まんべんなくできたほうがよいのでしょうか?
6年生で親が見ていないと自らやらない、ゲームをしてしまうというのは確かに自覚が足りないと思っています。それに対しては以前より注意をしていますが直りません。主人は難関上位の私立中出身です。俺はそんなに勉強をやらなかったし、やや異常な状態、やらせすぎではと言います。私は地方の公立中なので、中学受験が本当はよくわかりません。リフレッシュが必要というので6年生の夏休みですが、一泊で旅行の予定があります。

閲覧数:
3,811
回答数:
6
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

hap********さん

2013/7/3107:13:52

中堅校といっても幅広いので、現在のN50で合格できるのか、もっと上積みが必要かでも変わってくると思います。入試でふだんの学力が発揮できるとも限りません。ギリギリ合格最低点が取れるような勉強よりは、もうちょっと高めの点数を取れるような勉強をして、多少点数が落ちても合格最低点は取れた・・・という方が確実だと思います。

また、「志望校で出る単元がほぼ決まっている」ということは、ここ数年の全科目の過去問をチェックして確実なのでしょうか?そうなら、現在の総復習の中でも志望校で出そうな単元の復習を中心にすることで、積み残しを減らすこともできるのではないかと思います。だから、夏期講習も毎日参加する方がいいのではないでしょうか。今やっているのも応用ばかりなのですか?全分野の復習こそ、個人ではなかなかできないので塾を利用する意味があると思いますよ。

気になったのは6年の夏休みの段階で、「親が見ていないとゲームをしてしまう」という点です。本人はただ塾に通っているだけなのでは?授業に対するやる気とか、入試を頑張ろうという気持ちが感じられないのですが・・・。秋から塾が無くなったら、個別と家での勉強で現在のレベルを維持できるかどうかはお子さん次第だと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kam********さん

2013/8/422:42:11

小学生だからこそ、受験は学力だけでなく、モチベーションや周りの雰囲気も大切です。

塾がないと直前のメンタルなど不安が残ります。

kup********さん

2013/7/3112:42:11

同じく6年生の子どもがいます。

うちの子の通う塾は多くの難関校合格者を出していますが、周囲の大手塾とは違って拘束時間も短く、宿題はほぼ出ません。
ちなみに夏期講習は9時半~3時半。もちろん宿題はないです。

大手塾に通わせているお母さん達からは、宿題が多すぎて終わらない等の話はよく聞きます。
でもうちはそんなこと一切ないので、苦手な算数に多くの時間を割いて復習をしています。
もし大手塾ならここまで算数の復習ができなかったのではないかと思います。

しかしデメリットもあり、できる教科については問題数が全然足りないですね。
塾から問題集を買って解いてくださいなんて言われているくらいですから。
また徹底した自己管理が求められるため、むしろ親の負担は大きいです。

以上のことからも拘束時間の長さが必ずしも出来につながるわけではないと思います。
ちゃんと模試を受けて親がしっかり対策をするのであれば、今の塾をやめて個別に通う方法も良いのではないかと思います。
個別じゃなくても小規模で受験コースもある塾なんかは、個別と集団の中間って感じで利用しやすいのではないでしょうか。

sha********さん

2013/7/3109:34:44

長男の中学受験では、6年の夏休み前に大手塾を退塾して、自宅で学習したことがあります。ただ、我が家なりの事情と質問者様の事情が違うはずなので、まずはそこからご説明します。

息子の場合「第一志望以外ならば公立へ」と考えていたため、第一志望に特化した対策が可能でした。また、苦手科目(社会)がはっきりしていたので、算数などと比べ対策が容易という事情もあります。さらに、志望校の問題が一般的なもので、特殊な問題が少ないということもありました。

親も中学受験経験者なので、ある程度教えられるということもあり、夏季講習前に退塾したのですが、やっぱり苦労はしました。

この年代の子どもは、根底に親への反発がありますし、親も感情的になる部分もあります。第三者ならば素直に従えることも、親だから反発するとなると無駄なエネルギーを使います。

また、親も過去問であれば対応できるのですが、類似の問題を探しだすことまでは手が廻りません。

結局、息子の場合、秋から早稲田アカデミーのNN 講座に週1回通って、志望校の類問対策をすることになりました。このような「ちょっと外部の力を借りる」のは良い効果を産むと思います。

このような難しい部分もありますが、家庭学習のメリットとしては、①苦手科目に集中的に取り組める、②志望校対策に特化できる、③受験に主体性が出る、ことだと思います。

③について補足すると、模試の組み立て、申し込み、結果の分析、志望校の決定まで、すべてが家庭の判断で進みます。

私どもの場合、それまで縁がなかった四谷大塚の合不合を選択し、4回すべて受けましたが、偏差値は4回で60弱→50強へ低下しました。それは、志望校対策と苦手科目に特化しているので当たり前なのですが、塾に通っていたら偏差値を気にしたかもしれません。

親が見ていたため、模試の偏差値に関わらず、息子の学力が伸びていることがわかり、自信を持って志望校に出願することができました。現在息子は四谷の80%偏差値で65程度の学校に楽しく通っています。

まずは、受験までのおおまかなスケジュールを立ててみて、どこで過去問が終了するか、教材はなにを使うか、個別指導はどのレベルで利用可能か、併願校対策は必要か、など、関連する要素を書き出して、それから判断しても遅くないと思います。

ind********さん

2013/7/3109:26:44

自宅で子供の受験対策をして、N偏差値65~の学校に合格した者です。

集団塾は、お子さん個別のオーダーメイドではないので、ニーズが合わないこともあると思いますし、親御さんにわが子に足りないところが見えているのなら、秋以降はそこを穴埋めする勉強に切り替える選択もアリだと思います。

志望校やチャレンジ校の過去問は、親が解説できれば家庭でもいいですが、難しければ個別でもお願いすることができます。
第一志望は最低3年分(できれば5年分)を時間内に満点取れるまでくりかえし、時間配分などのリズムを体に叩きこむのが必要で、他の受験校も満点まで仕上げる必要はないですが、過去問は一通り当たったほうがいいでしょう。
4教科ですし、これだけでもかなりの時間がかかります。他校の過去問は、受験校の過去問をやっても、なお時間が余る時に・・・ではないでしょうか?(うちは、秋以降は基礎からの総復習と、受験校の過去問の仕上げだけしかじかんがなくてできませんでした)

どこの学校を受ける場合も、5年までの受験基礎レベルは非常に重要です。基礎ができていないと、いくら問題をといてもその上に積みあがって行きません。
基礎ができているなら秋以降過去問含めてどんどんいろんな問題をやるのもいいと思いますが、我が家で二人の息子を教えた経験からは、基礎が完成していないのなら、難関校向けのレベルの高い発展問題よりも5年までの受験基礎と過去問に絞って集中的にやる方がいいのではないかと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

poc********さん

2013/7/3108:43:49

中学受験で必要なことはたとえ中堅校であってもより多くの問題を解いておくことです。
大手受験塾でも、夏期講習の期間中はどんどん問題を解かせます。
これが演習です。

どんな問題が出題されても対応できるだけの力を養うことが目的です。
志望校の過去問さえ解ければ合格できるほど甘いものではありません。

入試範囲を習得し終えた小6の夏以降は解説よりとにかくいろいろな問題を解くことで定着を図る時期です。
基礎の見直しの時期ではありません。

お子さんの苦手範囲も問題を解くことで理解を深めていくことができます。


お子さんの勉強を家庭学習で管理できるのであれば講習を休まれても構いませんが、塾に行っている間だけでもお子さんにとっては効率よく受験準備は進んでいますよ。
決して無駄にはなっていません。


個別より今の塾で今後も続けて行かれることをお勧めします。
家庭学習でお子さんを管理するのは大変ですよ。

お子さんが塾をやめたい、と言っているなら、話は別ですが、お子さん自身は塾でがんばっているのなら、親が先走って塾をやめさせるようなことを考えるのはお勧めできません。

お子さんの勉強意欲を失くす可能性も大きいですよ。
この時期に勉強スタイルを変えることはよくありません。
今までのリズムが崩れてしまうのは危険です。

親からすれば無駄、と思えることでも、小学生が受験する中学受験では重要なことです。
ある程度自己管理ができる年齢で受験する大学受験とは違います。

これからの時期、親が焦らないこと。
お子さんの目線で考えること。
お子さんの意見をよく聞いてあげることです。

今回のこともお子さんの意見なしに親が退塾まで考えてしまっていることに問題があります。
もう少し慎重に考えてください。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる