ここから本文です

ロータリーエンジンの日本特許とPCTの権利を持っています。是非、メーカー様に制作...

nokiekokoさん

2013/8/1215:11:01

ロータリーエンジンの日本特許とPCTの権利を持っています。是非、メーカー様に制作してもらい、出来た物の実態を体験したいと思っています。

5つ程の自動車や模型の企業に売り込もうとチャレンジしましたが、ほとんどの会社が、外部からの特許の受け入れを拒否し、見る事もせずに門前払い状態です。私としては、試作品でも良いので作ってもらい、実際の動く物を作り検証したいし、この特許は作れば良さが見えてくると思っています。長所は「アペックスシールを使わない高圧縮なロータリーエンジン」で、ヴァンケル型ロータリーより小型軽量で、レシプロエンジンの様にバルブによる吸排気を行い吸排気の調整を行えます。以下に映像を載せます。

http://www.youtube.com/watch?v=_5hVXLpneus

「ロータリーエンジン」で特許検索すると私の特許の詳細が見れます。

http://www7.ipdl.inpit.go.jp/Tokujitu/tjkta.ipdl?N0000=108

ここから「特許公報」を選び「ロータリーエンジン」を入力すると一番上に検索された物が私の特許に成ります。
特許には7つのギアで動かしていますが、実際にはベンツの特許の4つのギアで動かします。サイドシールやオイル循環の構造は特許であえて取りませんでした。それは、幾つも考えられる種の物であるので、特許を買ってくれた御社に提供したいと思うからです。必要に応じて説明は致します。
上記の内容で分からない事が有りましたら質問を下さい。また、どなたかエンジン制作に関するコネクションをお持ちの方は、是非とも協力お願い致します。

閲覧数:
460
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

m_battyoさん

2013/8/1321:36:14

特許だけを見せても企業は実利主義ですので、構想だけでは相手にしてくれないのは当たり前です。
企業に特許だけで振り向いてもらうにはアメリカかドイツ辺りのエンジン研究コンサルタント会社や、大きな自動車部品メーカーなどに売り込むのが良いと思います。

正直特許のロータリーを、ものにするには研究が最低でも5年ほどかかりそうな気がします。
(一見しただけですが、いくつか解決しなければいけない問題がありそうですので…)
ものにした上で、熱効率と最終的な効率がどれほど改善できたか示さない限りはメーカーは振り向いてくれないでしょう。少なくとも実機を造り、実際の熱効率とトルク、出力特性を計り、論文にした上で自動車技術会などで発表すればメーカーも興味を持ってくれるかもしれません。


実機を作って研究をするのであれば大学に共同研究などとして持ち込んで、産学官の連携などで予算を取ってきて研究するのが良いと思います。もし貴方が博士課程を取得していないようであれば、社会人ドクターとして大学に通いながら研究するのも良いかもしれません。

例えばですが、大学などでおこなわれているHCCIの研究を例に取れば、国から予算をもらって、いくつもの大学でもう何年も研究して、熱効率の改善が結果として明らかに得られていて、実機を回せる所を示しています。しかし、制御の困難さ一つあるだけで商品になっていないのが現状です。それだけ新しい機関を世に出すというのは難しい事なのです。


実機の試験用内燃機関を作るにあたっては

小山ガレージ
http://www.koyamagarage.com/
イナガキデザイン
http://www.inagaki-design.jp/Pages/default.aspx
西川計測
http://www.nskw.co.jp/automotive/index.html

このような所に相談するのがよいと思います。(当然、予算が確保できてから…ですが)

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ihy2236さん

2013/8/1421:53:57

自分で実験もしていないなら「机上の空論」ですから相手にするような企業は無いでしょうね、ロータリーエンジン自体マツダくらいしか造る技術が無いし専用の加工機械も他の会社にはありません。
何より今からマツダ以外がロータリーエンジンを作る必要ありますか?
理論的にでも燃費が今までの倍になるとか証明できないなら企業は博打など打ちません。

編集あり2013/8/1318:51:54

難しいですねえ・・・
メーカーは組織がでかいので、決定権がある人がいるようで、いないんです。
つまり、調整が必要で、膨大な工数がいります。
なんでそんなことをする必要があるのかと周囲に言われながら説得に当たらなければなりません。
そのため、こういう話をもらっても、困ってしまうのです。
過去の質問を見ましたが、知財部長が技術者がもってきたら見るというのもそういう話です。
特許を扱うのは知財部ですが、技術部のニーズなしでは動けません。
試作も同じです。試作部も技術部のニーズがなければ動けない。
技術部を動かそうと思っても、技術者からするとあなたの提案は会社として特許が取れないという問題がでてくる。
そういった問題があって開発していいのか知財部に相談する手間がでてくる。
改良技術を特許で取ろうとしても公開されているので、公知になっており、特許も取りにくい。

特に自動車関係となると、すぐ作れるものではないので、相当な労力が必要になります。
試作品となると莫大な予算も人手も必要となります。
お偉いさんが提案しても当然部下は納得行かなければ動かないし、不平不満の原因となります。

そういった苦労をやってくれといきなり頼むようなものですから、普通はまず断られるでしょう。

そして、技術者はラインオフに向けて、忙しく日々開発設計しています。
そういった中、いきなり持っていっても、日々の仕事があるわけなので、なかなか受けてはもらえないでしょう。
作るにしても上司やその上の承認、試作をする部署への連絡、上層部への予算の確保するためのプレゼン(製品としてどの程度コストメリットがあるのか、同業他社と比べて売れるのか等)、などなど。
考えただけで膨大な工数が発生します。
企業は暇になるような人員配置してませんから、年間の目標に向けて頑張っている中で、わき道にそれる試作をしたいかというとしたくないでしょう。

そういった膨大な工数が容易に想像されますので、エンジンの特許がある、試作をしたいなんて持ちかけただけで、技術者はとんでもないと内心思って、丁重に断るでしょう。
それを試作しようとしたら、製品として成功する目処があるってことのプレゼンテーションをしなければなりませんからね。
当然、同業他社のベンチマークも必要ですし、見込める市場規模も想定しなければなりません。どれ位売れるかもです。
大変な労力です。

そういった事情を踏まえて、相手が作りたいと思えるPRを短期間で簡潔にできないと難しいのではないかと思います。
作ってみたらいいかもしれないでは、絶対断ってきます。
特に、自動車はアイディアよりも実用化の方が工数がかかって大変ですからね。

そういった相手方の事情を配慮した売込みをしないと厳しいです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

aaan8774さん

2013/8/1317:18:40

ここは質問をする場であって、ビジネスパートナーを探す場ではありません。

ohayoeelさん

2013/8/1215:25:59

簡単なことだよ。
作ってほしければ金を払え。
当然だろう。
エンジンの試作なんて1億もあればできるだろ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。