ここから本文です

ブラームス ピアノ協奏曲1番

bea********さん

2013/8/1423:25:47

ブラームス ピアノ協奏曲1番

お気に入りの演奏を教えてください。

閲覧数:
344
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jat********さん

2013/8/1522:31:10

特別な思い入れがあるということもありますが、

〇ブレンデル&イッセルシュテット指揮コンセルトヘボウ

です。イッセルシュテット最後の録音で、特に第二楽章が秀逸です。
http://www.youtube.com/watch?v=-g-j9JFhj_g

質問した人からのコメント

2013/8/16 14:01:10

聴いてみました。個人のことで恐縮ですが、聴いたり演奏したりの最中に「このまま死んでもいい」というのがあって、次が「神様感謝します」なのですが、回答いただいた演奏は前者でした。勉強になりました。ありがとうございました。「死んでもいい」という想いのために練習しているわけではないのですが(笑)

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/8/1522:32:45

ブラームスが生涯愛し続けたクララ・シューマンが世に世に紹介する為に盛んに演奏した曲ですね。映画「クララ・シューマン 愛の協奏曲」のエンディングでもこの曲をクララが演奏する場面があります。さて、オススメの演奏。鉄板のセレクションですが、鋼鉄のタッチと称されるエミール・ギレリスのピアノ、ベルリンフィル、オイゲン・ヨッフム指揮の1972年の録音は素晴らしいです。同じ組み合わせで同時期に第二番も録音されています。ギレリスのピアノは一音たりとも曖昧な音はなく、フォルテの強靱さと弱音の繊細さを持ち合わせ、ベルリンフィルはヨッフムの指揮で、カラヤンとは一味違うドイツ的な重厚で剛毅な音を聴かせてくれます。晩年のヨッフムが、インタビューの中で、自身の最も素晴らしい録音はと問われて、この録音を挙げたそうですが、頷ける話です。ちなみに第二番は更に素晴らしいです。

chi********さん

2013/8/1515:48:43

ブレンデルかツィマーマンのどちらかが好きです。
LPでは、ワイセンベルクやゼルキンも良いのですが、面倒なので聴かなくなりました。

koj********さん

2013/8/1508:23:46

ゆるゆるの演奏は嫌いですので、ルービンシュタインがライナー・シカゴ交響楽団と録音した、54年盤です。驚異的なステレオ録音で、オケは対抗配置、テクスチュアが手に取るようにわかる明晰さ。ライナーの厳しい指揮で、ルービンシュタインも真剣勝負です。

あと一つは、1936年アムステルダムでのライブ録音、ホロヴィッツがワルターと競演したものです。欠落がありますが、疾風怒涛の演奏で、これくらい弾けたら作曲者は狂喜するにちがいないと思います。

omo********さん

2013/8/1507:28:32

以前、同じ質問があったので、回答したのですが、やはり、この曲は、指揮者とオケがしっかりしていないと、何か物足りない。
その点で、録音は古いけれど、フリッツ・ライナーとルービンシュタイン、セルとゼルキンのものは、私的には、絶対にはずせません。ルービンシュタイン盤なんかは、録音はかなり古いのですが、冒頭からして、ライナーのすごい意気込みに圧倒されます。
ゼルキン盤も同じ・・・トスカニーニとホロヴィッツ盤も、こんな演奏を期待して、購入したのですが、いかんせん録音があまりにもお粗末でした。ライナー・セル盤は、今でも立派に通用する名録音です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる