ここから本文です

左上腕部に入っているチタンは生活に支障がなければ除去しなくてもいいでしょうか?...

プロフィール画像

カテゴリマスター

ued********さん

2013/8/2113:21:57

左上腕部に入っているチタンは生活に支障がなければ除去しなくてもいいでしょうか?
私は今年の5月下旬、約2メートルの高さから転落して左上腕部の肩に近い部分を骨折。

整形外科病院で手術を受けて左上腕部の骨の中を通す状態でチタン製の棒を入れてボルトで固定しました。
6月中旬にいったん退院してリハビリを続けているのですが、数日前に主治医の診察があった時に「腕に入れた棒はいつ取ったらいいか」というのを聞いたところ、「生活に支障がなければ取らなくてもいい。どうしてもというなら1年後」とのことでした。
私は二十数年前に鎖骨骨折をして金属プレートを入れたことがあり、体内に金属が入っている状態で飛行機へ搭乗することがあったのですが金属探知機が反応して身体検査をうけたことがあり、それを主治医に説明すると「チタンは金属探知機に反応しない」と言われました。
鎖骨骨折の時のプレートは「金属探知機に反応する」ということもあって除去したのですが、現在はチタン製なので除去しなくてもいいのでしょうか?

閲覧数:
1,272
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ski********さん

2013/8/2305:45:29

チタンは体への影響の少ない素材です
支障がなければ、特に除去の必要はありません

チタンは現在いろいろの所で使われています
人工関節や脳動脈瘤のクリップなどです
一度使われると、除去出来ない所です

ご安心ください

質問した人からのコメント

2013/8/27 20:20:41

降参 回答ありがとうございます。
除去をするとなると来年の5月後半が6月ぐらいになる予定なのでそれまでにゆっくり考えます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる