ここから本文です

電子記録債権 でんさいは全銀協なのに、どうしてみずほ銀行では独自の電子債権サー...

konatunatukoさん

2013/8/2311:33:09

電子記録債権 でんさいは全銀協なのに、どうしてみずほ銀行では独自の電子債権サービスをするのですか?

急速に普及する電子債権(でんさい)ですが、地方銀行で利用者登録をしました。しかし、みずほ銀行では全銀協ではなく、みずほ電子債権サービスやみずほ信託銀行の電子債権サービス(e-noteless)などが存在します。そしてそれぞれに申込書が必要で公的書類を要求されます。
みずほ銀行も全銀協に入っているのに、何故独自のサービスを行っているのでしょうか?全銀協が利用できないとなると、これでは全銀協の利用者サービスに申し込んだ意味がないと思うのですが、皆さんどのように思われますか?しくみを説明いただけませんでしょうか?

閲覧数:
15,460
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2013/8/3000:22:33

みずほ銀行や三井住友銀行が、全銀協が主導するでんさいねっと以外にも独自の電子債権サービスを行っているのは、従来の、いわゆる「手形レス」と言われる金融サービスのスキームで電子記録債権を活用するためです。

ここ

http://www.mizuhobank.co.jp/corporate/ebservice/cb/denshi/index.htm...

とか、ここ

http://www.smbc.co.jp/hojin/denshisaiken/index.html

をご覧になればわかると思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。