ここから本文です

コピー機を個人にリース(レンタルでも可)することは出来ないのでしょうか?

nitouheiyamakinさん

2013/9/704:43:49

コピー機を個人にリース(レンタルでも可)することは出来ないのでしょうか?

コピー機を探しています。
個人的に使うのですが、会社の様にリース等する事はできないのでしょうか。
調べましたが会社宛ばかり出てくるので・・・

また、月200枚位をモノクロ印刷したいです。
最大A3両面で、インクジェットは不可な場合、やはり業務用コピー機しかないと思うのですが、
他に方法がありましたら教えて頂けると有り難いです。
原稿になる資料が分厚く飛び飛びで沢山なので、コンビニ持ち込みが難しいので・・・
どうぞよろしくお願いします。

補足皆さま本当に有難うございます!

インクジェット不可なのは、コピーした後にその原稿を、比較的高温多湿の中、書き込んだりするので手にインクが付いたり滲んだりしてしまうためです。
一応、レーザープリンターも視野に入れておりますが、A3だとなかなか無いようで・・・
続けてのご意見頂ければ嬉しいです。

閲覧数:
6,380
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

a123acngさん

編集あり2013/9/909:28:44

プリンタの修理屋です。

リースというものを勘違いされているのかも知れませんね。

本来リースというのは本体の代金の処理の仕方で、現金払い、ローンと同列に扱います。

ところが、コピー機、複合機などでは定期的な保守が必要な(と言われている)ものが多く、保守契約に加入するケースが多いです。
保守契約の費用を別途支払う人もいますし、リースに含めて支払う方法もあります。

保守契約とリースを混同されている人は多いですね。


それと、個人の方で、業務使用ではないとしたら、リースのメリットはほとんどないといっても良いです。

個人でも自営業などになると、購入した機械の費用は経費として処理できます。
10万円を超えるものは、資産という扱いになり、使用年数の想定に応じて毎年少しづつ経費として計上していきます。
減価償却と言い、商売をしている人なら常識です。
使用年数の想定は償却期間といい、決められています。
コピー機だと5年でよいはず。

ところが、5年を過ぎた時点でも機械として動いていれば価値はあるわけで、その部分は財産として残っているという事で経費とすることは出来ません。
残存価値と言い、10%はそのまま残ってしまいます。

仮に100万円の機械を購入したとして、現金で100万円支払った場合、
5年間かけて毎年18万円づつ経費として計上して、残った10万円は財産として残ります。
その機械が壊れたり手放した時点で、やっと損金として処理できます。

どこの会社でもそうですけど、遊ばせておける現金は少ない方が良いので、出来れば原価償却は避けたいです。

ローンに関しては、現金で支払うのはローン会社が行ってくれ、それに利息を乗せて返済していきます。利息分は経費として処理できます。機械そのものの経費処理は現金と一緒のはず。


ところがリースは所有権はリース会社に残ったままで、原価償却の処理も不要ですし、購入代金の100%が(リースの手数料も含めて)経費として処理できますので、会社としては遊ばせておくお金が少なくなって有利になります。
ただし、リースの場合はリース期間が終了しても所有権はリース会社に残りますので、リース期間を超えて使用する場合は未来永劫リース料を払うことになります。(期間終了後はぐっと安くなりますけどね)

こういった経費処理の問題がないのでしたら、リースにこだわる必要はありません。


ローンでもリースでも銀行などで相談すると対応はしてくれるはずですし、購入するお店で相談しても良いでしょう。
ただし、大きな複合機は電気店ではなく事務器店で相談してください。
電気店は基本的に売りっぱなしで、トラブルがあればユーザーが店頭まで持ち込むかメーカーに連絡する形になります。
事務器店であれば、自前のサービスマンが入るお店もあり、メンテナンスも手早くやってくれるはず。
価格的にも家電店より有利かも知れません。
当然、ローンやリースの取扱もしています。


ちなみに、インクジェットプリンタの一般的な仕様ですが、月-金の使用で、毎日10枚前後で、5年程度のはず。
一ヶ月に200枚+αとなりますから、インクジェットでも充分対応できるのでは?

インクジェットの場合、両面印刷すると裏写りの問題が出ますので、薄めの仕上がりになる可能性があります。


個人的には、両面印刷の仕上がりの問題が無ければ、インクジェット複合機でよいのではと思います。
価格差が大きすぎますのでね。

トナーを使った業務用の複合機(コピー機)でしたら、キヤノンのMF7000シリーズの中古をお勧めします。
この機種はレーザープリンタを発展させた機械で、本体の故障の頻度も低く固定したメンテナンスも不要といってよいくらいです。
状態の見極めは大切ですけど、登場してからそこそこの時間も経過していますので、価格もかなり崩れてきているはず。


追記 : 「一応、レーザープリンターも視野に入れておりますが、A3だとなかなか無いようで・・・」????
業務用コピー機とレーザープリンタは印刷する部分の構造は一緒ですよ。

元の原稿がデーターになっているのならレーザープリンタでも良いわけですが、紙原稿からの複写ですよね。
コピー機能が必要になりますからレーザープリンタは使えません。「視野に入れておりますが」と言う意味がわかりません。

いずれにしても、近くの事務器店で相談するのが良いと思いますよ。
中古の在庫を持っていることもありますし、他の方法を提案してくれるかも知れません。

質問した人からのコメント

2013/9/14 02:01:59

細かくご指導有難うございました。レーザープリンターは、先日飲み屋で知らないオッサンに「レーザープリンターの複合機なるものがある」と言われたので気になっていただけです。
誤解を招いてすみません。
事務機店というのは知りませんでしたので、今度行ってみたいと思います。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

denwa_boyさん

2013/9/1220:08:41

リース契約については「事業として」使う機器に対して行うものですのですので、基本的に法人契約とすることが多いです。
個人でも、○×商店とか△△税理士事務所とか○○医院とかの名義であれば店舗機材などの一部としてコピー機を使うのであれば、事業として使うと考えられるのでリース契約は出来ます。(支払能力等審査はあるので個人の方が厳しめにはなります)

上記理由から個人名義ではほぼ無理です。


抜け道として、中古コピー機ではダメなんですか?

中古品はリース契約自体が出来ないので、名義は問われません。個人相手でも購入できますよ。
ただし、中古ですからどこかの会社で3~6年くらいは使用されてたはずなので、寿命はそんなに長くないです。前の人がどういう使いか足してたかもわからないのであたりハズレがあり、中古でも普通に2~3年使えるものと1年くらいで故障したりするものもあります。
メーカーや使用年数を問わないのならモノクロコピーのみで6~10万くらいで買えるかな。
中古複合機 で検索するといっぱい出てきますよ。

複合機は故障した場合の工事費が結構高いのでその点も含めて検討しましょう。
レーザープリンタでも一定枚数でトナー費用以外にドラム交換とかありますのでインクジェットよりはコスト高めです。

akira_n1117さん

2013/9/1008:55:49

リースは法人又は個人事業主に対して、リース会社が契約するものですから単なる個人の場合はローンになります。
但し、リースの場合は所有権はリース会社にあり、ローンは支払い終えた時点で所有権は契約者になります。

A3サイズとなると業務用になってきますが、問題は保守。
質問者さんの場合は、月間200枚程度と言う事なので、「キット方式」の保守がある機種を選ぶのが妥当です。
機械的には、連続複写枚数15枚程度~25枚程度まででラインナップはありますが、価格もピンキリなんで、15枚~18枚程度の速度なら、機器本体は20万円前後で新品が見つかると思います。それにキット(保守付きトナー)を購入すれば、トナーが無くなる迄は修理に掛る費用は保守内で行われるので費用は掛りません。ただし、サポート期間が過ぎた場合は無理です(製造終了後7年以上経過で、修理部品が無くなった場合)。

メーカー的にはシャープ、東芝、コニカミノルタあたりが主な選択肢になると思います。



保守等に関しては知恵ノートに書いてるので、興味があればご覧ください。

tascabikeさん

2013/9/706:06:54

中古なら、ネットオークションで安い物探したら。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。