ここから本文です

浮体式洋上風力発電の建設が進む様ですが。自分ならメンテナンス出来ると思います...

bam********さん

2013/9/712:39:42

浮体式洋上風力発電の建設が進む様ですが。自分ならメンテナンス出来ると思いますか。

絶え間なく揺れる海上の水面から50mの場所の屋内で作業するとしたら出来ると思いますか。

風も陸上の比ではありませんよね。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130906-OYT1T01188.htm?from...

陸上の風力発電でも点検やメンテナンスがあるようですが、陸上でも私は怖くて体は動かせそうにありません。

海上となると尚更困難と思います。メンテナンス出来ないとすると、設置して以降故障や腐食で終わりになってしまいますね。

できればプロフェッショナルの鳶に詳しい方とか回答ありませんでしょうか。

閲覧数:
310
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

VTMさん

2013/9/714:09:44

プロフェッショナルの鳶では無いです(笑)

送電鉄塔には何度が昇っています。怖いですよ。(w)

ただ、大型船舶のキャビンは水面から50mぐらいですからレーダーの修理など船舶エンジニアはそこで作業します。
場合によっては屋外です。
勿論、荒らしの時には静まるまで待機するでしよう。

私も自信は有りませんがプロがいると思いますよ。

質問した人からのコメント

2013/9/7 20:16:09

皆様回答ありがとうございます。
大型船舶のレーダーでも洋上で出来るのであれば、浮体式風力も天候選んでメンテナンスできそうですね。耐用年数を長くするためにメーカーは色々と知恵を絞っているようですから期待したいですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ムーミンさん

2013/9/719:36:34

洋上は風が強いので風力発電に適していると思いますが、台風のときには信じられないくらいの風が吹き陸上の大木も倒れるくらいの風がしょっちゅうです。波も、三階建てのビルよりも大きな波がやってきます。

陸上だったら、アメダスなどのシステムでかなり正確な予報ができると思いますが、海上だと困難になるので、風速計で風速を計りながら作業の実施の可否をモニターしながらやるので、中々面倒だと思います。

海水を頭からかぶるようなところで発電はメンテナンスができないと思います。

msa********さん

編集あり2013/9/716:40:36

30mぐらいはしょっちゅう上がってました。仕事だったら誰でも出来ます。

補足
そういえば原発の方は、津波後、いつ爆発するかわからない原子炉建屋(50~60m)の屋上に猿梯子でのぼって屋上に穴をあけられるんでしたよね。原発ムラの考えることはすごいと思いました。さすが東京大学卒?の原発屋さんですね。我々にはとっても真似出来ません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる