ここから本文です

胸椎黄色靭帯骨化症について..... 胸椎黄靭帯骨化症では 胸椎で脊柱菅が狭窄す...

hal********さん

2013/9/920:20:12

胸椎黄色靭帯骨化症について.....

胸椎黄靭帯骨化症では
胸椎で脊柱菅が狭窄するため
脊髄が圧迫される事は分かったのですが、
なぜ胸椎での狭窄なのに
症状として下肢への影響がでてく

るのでしょうか?
教えてください(>_<)

閲覧数:
940
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ara********さん

2013/9/1402:03:05

下肢の感覚を末梢神経受容体から脳へ伝える神経、また脳から下肢の筋肉に、動け、と伝える運動神経は、全て脊髄にまとめられています。
胸髄←→頸髄←→脳と神経の繊維が通っているので、その通り道である今日つの脊柱管がせまくなって、胸髄が圧迫されると、狭くなっているところから下の部分の神経症状が出ます。

なので、下肢の症状として現れます。

質問した人からのコメント

2013/9/14 21:28:24

すごく分かりやすい説明
ありがとうございます(*^^*)
すっきりしました!!!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる