「パワースポット」が流行した理由は何ですか? 元々、神社や寺などは地縁や血縁の関係で参拝するところだったはずです。 しかし、今では運気を得るために遠くの場所にまで訪れている人がいます。

「パワースポット」が流行した理由は何ですか? 元々、神社や寺などは地縁や血縁の関係で参拝するところだったはずです。 しかし、今では運気を得るために遠くの場所にまで訪れている人がいます。 これは、メディアが「パワースポット」というように紹介したのがきっかけですか? 大学で、パワースポットとメディアの関係について調査しようと思っているので、 もし参考になる本などがあれば教えてください。 よろしくお願いします。

超常現象、オカルト2,462閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

単純に町おこしですね。町おこししたいけど何も無い、、、ただの山でもパワースポットと宣伝すれば来てくれますからお金がかからない宣伝で戦略です。

その他の回答(2件)

0

既出の意見では、元々の理由に触れられておりませんので、別の角度から元々の根っこの話をしたいと思います。 昔から社会不安が広がる世紀末や不景気、情勢不安な時期になると、オカルトやスピリチュアルなどの理屈ではない未知の世界に傾倒するブームが起きます。 ミステリアスで夢が残されたように感じるのでしょう。 理屈でどうにもならないことを、神様や未知なる力に頼ってしまう心理ですね。 昨今、ITバブルや収入格差、リーマン不況に晩婚による婚活など、将来的に不安に思う要素が目立つようになってます。社会不安ですね。 自身の努力もさておきパワースポットに頼り、御利益を期待する無知な若い世代がメディアのブームに飛び付いた形ですね。 社会背景や心理、メディアの指針などを絡めて多角的な方から攻めては? >kawatanuさん 神社や神様に礼節をお持ちの方を尊敬いたします。 自分は神道を身近に育ったのに、両親が仏式で知識がなく、失礼かと思い神社には御参りできずにいます。 (*^∀^;)

0

元々パワースポットはありました。パワースポットは決まった場所ではなく、個人のエネルギー補充の場所です。典型的なのは中国の気功師が定期的に訪れて気を補充する場所。これは各自で異なり、山の中や近所の家でもあります。寺などの修行の場にも修行僧が各自でもつけていますが、基本的に修行場はパワースポットからは外されます。この考えを海外の格闘画家取り入れて禅や瞑想の場として選んだりします。 日本で流行らせようとしたのは江原さんです。それまでも時折報道されていましたがさほど流行には至りませんでした。 しかし江原さんのパワースポットはハワイや一部の場所を除いて、自分の成果や修行した神社、結婚した神社などおよそパワースポットではなく、むしろラッキーポイントというべき場所でした。なのでパワースポットという名は知れ渡ったのですが、あまりぽんとこなかった。 その直後、某三流占い芸人がパワースポットと称して明治神宮の井戸や高千穂等を紹介し始めたのです。これが人気となり、慌てた江原さんも負けじと神職資格がある事を生かして神社を紹介し始めました。ところがかの芸人は神社とタイアップして神社をご利益兼パワースポットとして宣伝し始めたわけです。 なぜこれが言えるかというと、神社めぐりをライフワークとしている私がたまたま行った神社で「実は近々、コレコレのご利益でパワースポットとして売り出す予定なんですよ」ということを聞いてしまったんです。 自分の力だけで紹介した江原さんに対し、テレビ局も収入源になるタイアップ芸人のほうを局が選ぶのは必然でしょうね。ということで、正道を進んだ江原さんは頼みの綱からも見放されて影を潜めてしまい、パワースポットは本来の意味からすっかり変わってしまい、コリアンブームならぬご利益ブームにも乗っかって現状に至ったわけです。 修行場を含めれば、全国の山岳信仰や修験道の聖地はすべてパワースポットになります。神社も神様が降りる清浄な場所なんだからパワースポットに決まっています。しかしそれらのパワースポットにはそれなりのルールがあり、現状のように軽々に行ってよいわけではありません。 まだ本来の意味を辿れば、修行場を除いては自分で探すしかないのです。ルーツのひとつは気功でしょうね。 もう一つは「ゲニウス・ロキ」です。中国では風水の「脈と穴」ですね。 さらにマスコミは、集客のために何でもかんでも、パワースポットをつけて紹介していますから、もう、本来の意味も何もなくなった。単に人がそこに行くための同義付けとしての言葉でしかなくなってしまいました。 ちなみになぜ三流占い芸人だと断ずるのか・・・自分は神社などにも精通しているかのように言いながら、パワースポットで売り出そうとして神社の由来を捻じ曲げて紹介したり、神社の常識等をレクチャーしているくせについ先日も“拝殿内で”神殿に尻を向けて平然と立っていた。しかも拝殿を「ポップですねぇ」と言った神社の息子芸人に「神様に失礼だよ」と言ってのけた。失礼はどっちだ!これがインチキ芸人でなくて何なのでしょうね。