ここから本文です

属国とは植民地ということですか?韓国が中国の属国と言われてますが、これが進む...

nan********さん

2013/9/1216:31:13

属国とは植民地ということですか?韓国が中国の属国と言われてますが、これが進むと自治領というものになるのでしょうか?チベットのようなものですか?もう国家として存在している状態なのでしょうか?

属国とは公式な名称ですか?

補足韓国が中国の属国については私の認識不足でした。知恵袋の回答でよく言われてましたが、はっきりしたソースはありませんでした。

閲覧数:
7,786
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cel********さん

編集あり2013/9/1517:49:32

ネットなどで「韓国は中国の属国」といわれる場合の“韓国”は、例えば図書館で“中国の歴史”という題の本を開けると、中華人民共和国以前の時代の歴史も書いてあるのと同じく、“現在韓国と呼ばれている地域”という意味です。ネットでの“韓国を中国の属国”とは、“「現在韓国と呼ばれている地域」は、かつて「現在中国と呼ばれている地域」の属国だった”という意味です。(尚、一般論では、日本では、“現在、韓国と北朝鮮に分かれている地域”=歴史では、過去を含めて“朝鮮”、と呼ぶ事が多く、韓国というと、韓国ができてからをイメージする方が普通と思います。)

次に、属国の意味ですが、Yahoo!国語辞書(大辞泉)を引くと、『他の国の支配を受ける国。従属国。』とあり、従属国の項目にリンクされています。(↓)
http://dic.yahoo.co.jp/detail?p=%E5%B1%9E%E5%9B%BD&stype=0&dtype=0

そのリンクを辿って、“従属国”の項目(↓)を見てみると、以下の通りです。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?dtype=0&dname=0na&index=08658600

『1 法制上は独立国であるが、政治的、経済的に他国の事実上の支配下にある国。

2 宗主国の国内法に基づいて、外交関係の一部は自ら処理するが、他の部分は宗主国によって処理される国家。トルコが宗主国であった第一次大戦前のエジプトや、1908年までのブルガリアなど。付庸国。』

辞書で、このように1と2にわけて説明がある場合、『1のような使い方もあれば、2のような使い方もある』(1と2は異なる用法)と、常識では解釈できます。

この二つが別の用法である事は、Yahoo!百科事典の“従属国”の説明(↓)で、より明確になっています。宜しければどうぞ。
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E5%BE%93%E5%B1%9E%E5%9B%BD/

属国という言葉は、大辞泉での従属国の定義の1、2のどちらの意味で使われるか、というと、一般的には、圧倒的に1でしょう。そして、その場合、「法制上は独立国だが、他国の“事実上”の支配下にある国」の“事実上”という部分は、客観的な判断基準を決めにくいので、使う人によって、“属国”かそうでないかは、完全に一致はしません。その意味で、“属国”には明確な定義はありません。
実際、ご質問に対する他の方の回答の中に、北朝鮮を中国の属国と考える方と、中国の属国とは言えないと考える方がいますよね。

ところで、ネットの掲示板とか知恵袋のようなサイトで見られる「韓国は中国の属国だった」と主張する人には、私の知る限りでは「ずっと昔から朝鮮の王朝は、中国に朝貢し、王として封じられてきた」事を根拠としている方が多いように思います。(全員かどうかは知りません。)
「冊封を受ける事」をもって、属国かどうかを決める基準と思っている人にとってはそうなるのでしょう。

ただ、日本の真っ当な歴史学者で、“冊封を受ける事”=“属国”と考えている人はいません。何故なら、現代の“属国”の定義は、形式よりも、“事実”の面で、支配下にあったかとうかを重視するものだからです。冊封を受けるかどうかといった“形式”の話で決まるのならば、明から将軍が日本国王に封ぜられた室町時代(の一時期)は、日本が明の属国だった、という事になってしまいます。ネット上で、“朝鮮国王は皇帝の使いを土下座して迎えた”とかいった理由で“朝鮮or韓国は中国の属国だった”と主張するのは、当時の中国皇帝の論理としては正しいですが、現代人が“歴史”として語るレベルには到達していません。(元々、そういう主張をする人も、真面目に歴史の話をしたいのではなくて、要するに韓国を貶したいだけなのでしょうが…)ですので、ご質問者の方が、真面目に歴史を語るつもりなら、形式論で『属国』かどうかを語っている人の言う事は無視された方がよいと思います。

(おまけ)
日清戦争講和にあたって「朝鮮の独立」が課題だったのは、高校の世界史のレベルの知識、と思います。また、清朝末期には、名目的な「属国」を、実質的な「属国」に変えようとした動きがあったのは、大学受験のレベルでしょうか…。(例:Yahoo!百科事典の袁世凱の項目よりの引用:「総理交渉通商事宜としてソウルに駐在し、朝鮮の内治、外交に干渉して属国化した。」)

属国という言葉を使うかどうかはともかくも、こういう歴史上の事実を否定する学者はいないでしょう。(戦前から今迄ずっと)

しかし、日清講和で「朝鮮の独立」が課題になったからといって、『属国を独立させる→保護国化→併合、という流れ』を朝鮮を助けたように見る事ができる(よく言えば)『無邪気』な人は、皆無とは言いませんが、真面目に相手にしなきゃならないほどいるんですかね。
陸奥宗光自身が「朝鮮内政の改革と云い清韓宗属の問題と云うも畢竟基本源に遡れば日清両国が朝鮮に於ける権力競争の結果たるを以て…」(蹇蹇録より)と書いているのを知らないのだとしても、あの帝国主義全盛の時代に、朝鮮を『助ける』とは……。

質問した人からのコメント

2013/9/16 08:26:48

詳しい解説をありがとうございます。

「属国とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/9/1222:14:58

属国とは法制上は独立国ですが経済的・政治的に他国の支配下に在る国を指してそう言っています。
オスマントルコとエジプトの近代までの関係や1908年までのブルガリアなどがそうです。
宗主国がありその強い影響下で政治が動いてる国を属国と言います。
定義は明確です。
韓国ではなくこの場合は李氏朝鮮ですね・・・・・。
清と日本が外交交渉をした時の主な議題が「朝鮮の独立問題」でした。
戦後、朝鮮が清の属国でないと言うような言論が多く聞かれた理由は元々属国だと日本が保護国化して併合した流れが朝鮮を助けたようにしか見えないからです。
日本が朝鮮に酷い事をしたように見せるには李氏朝鮮が豊かな「独立国」でなくてはならない。
と言う事でしかありません。
あと韓国と李氏朝鮮は違うし大韓帝国と大韓民国も違う国です。
構成民族は朝鮮人ですが国体自体が変わってるので別に考えた方がいい。

sad********さん

2013/9/1221:48:13

朝鮮戦争の経緯を見れば北朝鮮が中国の属国で韓国はアメリカの属国だってことなんかすぐ分かると思うけど
日本もアメリカの属国に近いけど

yon********さん

編集あり2013/9/1304:55:18

>韓国が中国の属国と言われてますが

その根拠は何ですか?URLなどを補足してください。

補足について

ある週刊誌の最近の見出しに韓国が中国の属国になるなどと書かれていますね。

mar********さん

2013/9/1217:15:02

「植民地」は完全に支配国によって統治されているもの。国の体は為しません。従って属国は植民地ではない。

>属国とは公式な名称ですか?

違います。

2013/9/1216:49:24

属国は完全な定義はなく、狭義の属国から広義の属国まで様々です。
植民地は広い意味では属国とも言えますが、狭義の属国とはなりませんし属国の全てが植民地というわけではありません。

ちなみに韓国が中国の属国とは言われていないでしょう?
北朝鮮でさえ中国の属国とまでは言えませんし。

アメリカと安保条約を結んで米軍が駐留している韓国が中国の属国とはとてもいい難いですね。
日本や韓国はアメリカの属国と言う人の方が多いと思いますよ。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる